談話室『和太刀』

~立ち廻りから得られる身体のお得情報!~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第135回 「剣術の祖!!でござる!!」の巻 


ガラシャさん
ガラシャ1
「前回、前々回は小太刀の達人・富田勢源のお話だったんですけど、さて今回は…。」



センセエ
センセエ2
「そうだねえ。じゃあ、剣術の祖といわれる飯篠長威斎家直(いいざさちょういさいいえなお…『いいしの』という説も有)、なんてどうかな。」 


ツルギくん
ツルギ1
「剣術の祖?じゃあ結構昔の人なんですね?」



センセエ2
「うん。元中四年(1387年)、下総国(千葉県)は飯篠村の郷士の家に生まれた。
江戸時代に書かれた本に長威斎の事を『幼弱より刀槍術を好みて精妙を得たり。常に鹿島(かしま)・香取(かとり)神宮を祈る。将(まさ)にその技芸を天下の顕さんとす。潜(ひそ)かに天真正伝神道流(てんしんしょうでんしんとうりゅう)と称す。中興刀槍の始祖なり。』とある。」



ガラシャ1
「そうですよね。飯篠長威斎って天神正伝神道流の始祖として有名ですよね。一説によれば鹿島が武芸の神として有名になったのは、長威斎が武芸の修業をしてからだなんて言われてますもんね。」



センセエ2
「オッ、さすがガラシャさん。長威斎の事もちょっと調べたんだね。」



ガラシャ1
「あ、はい。チョットですけどね。鹿島神宮は塚原卜伝(つかはらぼくでん)さんの時にも出てきたから…。」



センセエ2
「ああ、そうだったね。この鹿島神宮は神話で有名な建御雷(タケミカズチ)を祀っていて、この神様が日本を平定する時に用いた布都御魂剣(フツミタマノツルギ)という宝剣も祀られている。だからこの神社に奉仕する神官は刀術の修得が必須になり、特に優れた刀術を修めた人が七人選ばれ、これを鹿島七流と称したと。」



ツルギ1
「カッチョイイ~!!カンフー映画にある設定みたいだな~。」




ガラシャ1
「で、その鹿島七流の中の一つを継承する家柄に生まれたのが塚原卜伝って事ですね。」



センセエ2
「そういう事です。で、一方の香取神社も日本を平定したといわれる神である、経津主神(フツヌシノカミ)が祀ってある。長威斎は刀術をこの両社の神が童子に化けた人物から授けられたというんだ。天真正とは童子に変化した神をあらわすという事だから。」



ツルギ1
「か、神から直に授けられた!!…ム、無敵だ。」



センセエ2
「香取神宮の神社の境内にある梅木山の毘沙門堂に籠って、毎夜身を清めてから神前に参拝して、木刀をその後振って稽古に励み、1,000日修業をした時に神通力を得て開眼したとなっている。」



ガラシャ1
「エピソードがいちいち神格化されてますよね。」



センセエ2
「うん。だから長威斎本人が架空の人物だったなんて説もあるから。」



ツルギ1
「エ?つくられた人なんですか!?」



センセエ2
「それはわからない。実在の人物だと信じたいよね。『開眼話』になっちゃうと、どうしてもそんな話になっちゃうから。でも実的には、それまで定まっていなかった刀(剣)術を剣・薙刀・槍・棒・鎖鎌等に区分けをして、武道の原型をつくったと伝えられる人なんだよ。」



ツルギ1
「ウーム。長威斎がいなかったら、『剣術』というジャンルが生まれたかどうかわからないという事ですか。それはスゴイ!!」



センセエ2
「剣術というジャンルは、長威斎がいなくても生まれていたかもしれないけどね(笑)。
ただ古い時代の人だからか、とにかく謎が多いのは確か。亡くなったのが68歳という説と102歳という説があるくらい。」



ツルギ1
「68歳と102歳!?また随分開きがありますね~。」



センセエ2
「102歳の方で考えると、そもそも剣術の修業に励んだ時点で60歳を超えちゃっているんだけどね(笑)。」



ツルギ1
「そ、そりゃあ無いよォ!!」




ガラシャ1
「私も信じているのは68歳説なんです。まあ、この時代の68歳って十分御老人なんですがね。で、長威斎の弟子は本当にその後の剣豪が多いですよね。塚原卜伝の養父である塚原土佐守(つかはらとさのかみ)とか諸岡一羽(もろおかいっぱ)とか…。」




ツルギ1
「オオ!!やはり達人は達人を生むのか。」



センセエ2
「こんな逸話もある。長威斎に弟子入りをしようと思ったある武士が、長威斎を訪ねていったら、熊笹が生い茂る上に長威斎が座布団を敷いてチョコンと座っていたと。」



ツルギ1
「エエッ!?笹の上にィ?空中浮遊だあ。」




談話イラスト133




センセエ2
「まさにね。で、『弟子にして下さい。』と言うと、『オマエさんがここまで来られたら相手をしよう。』と(笑)。」



ツルギ1
「そこまでいけたら弟子になる必要なんかないわっ!!」




ガラシャ1
「そうやって相手の技量を試していたのかもしれないですね。」














つづく  ツルギ3
[ 2013/11/13 12:00 ] 談話 | TB(-) | CM(-)

第134回 「小次郎の長剣の秘密(!?)でござる!!」の巻


ガラシャさん
ガラシャ1
「前回は中条流(剣術各流派の祖の一つと言われる古流剣術の一つ)の富田勢源の話だったんですけど…。」



ツルギくん
ツルギ1
「神道流の相手を短い薪を使って一撃で倒した話はスゴかったなあ。まさに達人ですね。盲目でありながら小太刀の達人。」


センセエ
センセイ
「家督は弟の景政に譲っちゃってね。あ、ちなみにこの景政も『名人越後』と言われるくらいの達人だったらしいよ。」



ツルギ1
「ヘェ~ッ!!兄弟で!?スゲエ…。」



センセイ
「で、弟子には鐘巻流(かねまきりゅう)の鐘巻自斎(かねまきじさい)や、一刀流の伊藤一刀斎なんかがいる。この辺りは最近マンガなんかでもこれらの人物が絡んできているから、ツルギ君は得意な分野でしょ?」



ツルギ1
「ハイ、『バガボンド』でっ!!」




ガラシャ1
「センセエ、何かの本で読んだんですけど、小太刀が有名な中条流から富田勢源の富田流が起きて、弟子に鐘巻自斎がいて、という流れで、自斎の弟子と言われる佐々木小次郎の剣が長かったというのは、自斎の稽古の相手をしたからだというんですが、どう思います?」




ツルギ1
「エ?自斎さんの小太刀の稽古相手をしていたから剣が長くなったって……イマイチわからないなあ。」



センセイ
「それはつまり、小太刀というのは小さな分、相手とどう間合いを詰めるかが最大のテーマだからでしょ?弟子の小次郎に長い剣を持たせておいて自斎は稽古したと。ある長さの剣の間合いを上手く詰めて懐中(ふところ)に入れたらクリア。そうしたら次はもっと長い剣に挑戦したのではないかという…。」



ツルギ1
「ああ、なる程!!で、師匠の自斎の稽古相手をしていた小次郎の剣が自然と長くなっていったというワケですね。」




ガラシャ1
「そう。自斎も達人だったわけでしょ。その稽古相手を務められるというレベルを考えたら、どうしたって小次郎も長剣の使い手として相当ハイレベルでなくてはならない。だから自斎との稽古の中で長剣を使う達人でなければならなくなったのは当然の流れという話。」




ツルギ1
「ウ~ム、納得。もっともな話だ。」



センセイ
「う~ん、でもどうかな?そんなドラマチックな事でもないのかもしれないよ。」



ツルギ1
「エッ!?どういう事ですか?」



センセイ
「イヤ、それは聞けば確かにもっともな話ではあるんだけど、相手と間合いを詰める稽古だったら、同じ人物が違う長さの剣を持っている状態より、もっと色々な人間に剣を持たせた方がよほど有効だと思うのね。それぞれに身体の使い方や心の働きが違うケースの方がさ。
問題はどういう間で相手の懐中に入っていくかという事だから、新陰流の『懸待一致』の様に、仕掛け方をどう工夫するかというのがポイントになると思うし。」



ガラシャ1
「あ~、なる程。まあ、少し出来過ぎている話ではありますものね。」



センセイ
「それにね、中条流は、仕太刀が二尺八寸、打太刀が四尺三寸の木刀を使うという流派なんだよね。だから流派の稽古の中で長剣の使い方にしたって相当練っていたはずなんだ。それがイメージからすると『小太刀だけが使える』みたいになっちゃうとね…。」



ガラシャ1
「ああ、そういう事ですか。つまり小次郎がもし長剣の使い手だったとしても、その流れを汲んだ鐘巻自斎の弟子というのであれば、それは当然だという事ですね。」



センセイ
「そういう事。勢源だって別に小太刀だけが使えたわけじゃない。長い刀が使えなければ、小太刀を握って相手と間合いを詰めたり、もしくは心を動かして打たせたりなんていう芸当は到底無理だよ。」



ツルギ1
「そうか。そりゃあそうですね。ボクなんかでも普通の長さの剣を使っていて突然小太刀を持たされた時、何だか不安で仕方なかったのを覚えてます。
アッ!これは別に勢源と比べての事ではないからね。」




ガラシャ1
「わかってるわよ!!」



センセイ
「先程話に出てきた勢源の弟・景政なんて、後に富田流小太刀というのを起こしたなんてあるけどね。
だから実際、小太刀は間違いなく中条流の流れを汲むものとしての富田流の特徴的武器だっただろうけど…。」



ツルギ1
「エ!?勢源さんではなくて弟さんもですか?」



センセイ
「うん。だからこういう流派の系統の達人は相当身体そのものが使えたという事なんだろうね。」


談話イラスト132





              つづく     センセエ(全身2)
[ 2013/11/06 14:00 ] 談話 | TB(-) | CM(-)
PICK UP!!
UP 
【技講座⑭構えのジャンル】コチラ
90

【技講座⑬沈身の半身】コチラ
84

【技講座⑫身体の各パーツの分離】コチラ
技83

【技講座⑪刀の握り】コチラ
技講座写真70

【技講座⑩半身歩法】コチラ
技講座写真65

【技講座⑨剣を使わない抜刀稽古】コチラ
技講座写真59

【技講座⑧肩の埋め込み】コチラ
49

【技講座⑦柔らかい胸と沈む腰】コチラ
技講座写真32

【技講座⑥抜き打ち(抜刀・横払い)】コチラ
技イラスト2

【技講座⑤手の平合わせ→水平面の移動】コチラ
技イラスト2

【技講座④水平斬り】コチラ
技イラスト2

【技講座③脱力の技、二】コチラ
技イラスト2

【サイムライダイエットエクササイズ2】コチラ
トモエさん(顔)

【サムライダイエットエクササイズ1】 コチラ
トモエさん(顔)

【技講座②脱力の技、一】コチラ
技イラスト2

【技講座①流れるように・・・】コチラ
技イラスト2
検索フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。