談話室『和太刀』

~立ち廻りから得られる身体のお得情報!~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『雑!! 演殺陣人達(ざっつ!! えんたてめんつ)』 ⑥鎌とサル

『雑!!演殺陣人達(ざっつ!!えんたてめんつ)』

 このコーナーは、和太刀主宰者・清水大輔の子役から始まり、
殺陣師になり、現在に至るまでに出会った人や出来事をかき集めて
バラバラに(思いつくままに)脱ぎ散らかしたエッセイ風の独白文です。



⑤ 鎌とサル


大道芸人と呼ばれる路上パフォーマンス専門の人間が大勢で二日間にわたり、
ある町で『大道芸人大会』を開催した。
そのイベントに仲間と計3人で参加した時の事。

 もう二十年とちょっと前の話である。

 私達は当然チャンバラを披露。
この大会は一日のうち決められた時間内なら体力の続く限り何回やっても良いわけで、
ギャラは投げ銭放り銭。
見ている人達が放ってきたものを拾い集めてそれを分ける事になる。

 大の大人が道に落ちている金を頭を低くして拾うというのは結構な事で
(しかも居並ぶライバル達を取り巻く客も気になるし)、
とても良い精神修行になった。



 で、私達がチャンバラをやっているお隣さんは初老の(失礼)御夫婦が
パフォーマンスをしていたのだが、
それが鎌ヌンチャクの演武(ヌンチャクの先に鎌がついているもので、
少し間違えれば大変な事になるのは言うまでもない)だった。

 武器を持って芸をする者同士だったから、負けまいとするライバル心と、
(二日間の内に)お互い挨拶から始まり、いつの間にか控室でお話させて頂く様な関係になっていた。

「鎌ヌンチャク、スゴイッすね。見た目も派手だし…。」

「イヤイヤ、キミ達こそスゴイよ。私達夫婦もチャンバラ好きだからね。
なかなか若いのに大した技術だね。」

なんていう具合である。

 

 控室といっても、何せ1000人近いパフォーマー達が参加していたので、
だだっ広いホールに机が雑然と並べてある様な所だった。

 当然、その鎌ヌンチャク夫婦以外にも、ジャグラーやマジシャン、腹話術や一輪車、ダンサー等、
様々な出し物をこれから路上に出ていくための準備、
終わった後の片付けをする者達がいて、控え…ホールはごった返していた。



 すると隣の机から、

「イヤア、チャンバラやっていた人達だね。さっき見ていたけどなかなかだねえ。」

と、オジさんが声をかけてきた。
何やら布切れをかぶせた箱状の物を机にデンと置くと、中からガサガサと音が聞こえる。
何だろうと思っていると、そのオジさんが、

「さて、私もこれから稼いでくるかな。」

と言い、ハラリと布を取った。

 すると中には、首にリールのついたサルが一匹。
そう、オジさんは猿回しの人だったのである。サルは月並みな言い方だが、とてもカワイくて、
よくしつけられているらしく、オリから出されてもオジさんの胸におとなしく抱かれていた。

 すると、いつの間にやら、そのおサルさんが私の方をジッと見て、手を伸ばしてくるではないか。

「オヤ、めずらしい。結構人見知りする子なんだけど、気に入られちゃったね。」

とオジさん。
もともと動物は好きな方だし、まして初対面のおサルさんからそんな事をされたら、
顔もユルんでくるというものだ。
しばらく頭をなでたりしていると(もちろん許可を頂いて)、
おサルさんは私の手に自分の顔をこすりつけたりしてきて、
ホントに癒されたというか、離れがたいというか。
猿回しのおサルさんだから、しつけがちゃあんとしているんだなあと感心させられた。

 10分くらい後に、

「さて、そろそろ行くか。」

と言って、名残惜しや、おサルさんとオジさんは控室から出ていった。

 すると先程の鎌ヌンチャクの御主人が、

「イヤア、なんかちょっとヒヤヒヤしちゃったなあ。」

と言った。

「は? ヒヤヒヤって……?」

と言うと、

「ほら、見てごらん。」

と、オジさんは自分の片手を私の前に広げて見せた。すると人指し指の第二関節から先が無かった。

「うわっ! スゴイ。やっぱり鎌ヌンチャクって一歩間違えるとエライ事になるんですね。
修業されていた時にやったんですか?」

「イヤイヤ、鎌ヌンチャクとは関係ない。私は前はさっきの人のような猿回しをやっていてね。
ある日サルの機嫌が急に悪くなった時に噛みちぎられちゃったんだよねえ。」

と、ショッキングなお言葉。


 ざっつえんたイラスト6




「エッ…。でも、そのサルってやっぱりちょっと凶暴性があったというか…。」

「イヤ、カワイイ奴だったよ。さっきのくらいの。
で、突然噛みつく前の感じが、さっきあなたをジッと見ている時の感じとダブッちゃってさ(笑)。」

 

 アホかー!! 早く言え~!!



 私は仲間と、猿回しが帰ってくる前に着物を片付け退散した。

 
スポンサーサイト
[ 2011/11/13 00:00 ] ざっつえんた | TB(-) | CM(-)
PICK UP!!
UP 
【技講座⑭構えのジャンル】コチラ
90

【技講座⑬沈身の半身】コチラ
84

【技講座⑫身体の各パーツの分離】コチラ
技83

【技講座⑪刀の握り】コチラ
技講座写真70

【技講座⑩半身歩法】コチラ
技講座写真65

【技講座⑨剣を使わない抜刀稽古】コチラ
技講座写真59

【技講座⑧肩の埋め込み】コチラ
49

【技講座⑦柔らかい胸と沈む腰】コチラ
技講座写真32

【技講座⑥抜き打ち(抜刀・横払い)】コチラ
技イラスト2

【技講座⑤手の平合わせ→水平面の移動】コチラ
技イラスト2

【技講座④水平斬り】コチラ
技イラスト2

【技講座③脱力の技、二】コチラ
技イラスト2

【サイムライダイエットエクササイズ2】コチラ
トモエさん(顔)

【サムライダイエットエクササイズ1】 コチラ
トモエさん(顔)

【技講座②脱力の技、一】コチラ
技イラスト2

【技講座①流れるように・・・】コチラ
技イラスト2
検索フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。