談話室『和太刀』

~立ち廻りから得られる身体のお得情報!~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『雑!! 演殺陣人達(ざっつ!! えんたてめんつ)』  ③子役時代 エピソード1

『雑!!演殺陣人達(ざっつ!!えんたてめんつ)』

 このコーナーは、和太刀主催者・清水大輔の子役から始まり、
殺陣師になり、現在に至るまでに出会った人や出来事をかき集めて
バラバラに(思いつくままに)脱ぎ散らかしたエッセイ風の独白文です。



③子役時代 エピソード1

この世界に入ったのは昭和46年(1971年)。まだ小学校に入る直前の事。

 そう、私の芸事生活のスタートは立ち廻りではなく子役だった。
キッカケは…その辺りの記憶が定かではないのだが、
どうやら私は人前に出るともじもじしてしまう子供だったようで、自閉症まではいかなかったと思うが、
母親がその辺りをビシッと鍛え直そうとして児童劇団に(勝手に)ブチ込んだらしい。

 オーディションもあったのは覚えているのだが、だんまりっ子だった私はいったい何をしたのだろう。
とにかく合格通知のようなものが来て、翌昭和47年春から芝居のレッスンが始まったのだが、
その時にはオーディション会場にいた子供達は3分の1ほどになっていた。


 子役としてデビューしたのはその年の内で、
『刑事くん』という30分ものの刑事ドラマで、
4、5人の子供達とワーワーキャーキャー騒いでいるようなものだった。
ゲストとして出ていた当時のアイドル、麻丘めぐみさんの美しさにドキドキしたのを覚えている。
(この『刑事くん』は当時は人気があり長寿番組だったので、その4年後にもう一度出る事になる。
今度はガッツリとセリフのある役だった。)



 さて、1971年といえば、あの『仮面ライダー』シリーズがスタートした年である。
ライダーが火を付けたヒーローブームはその後数年続き、毎日のように2、3本は、
「カッコイイ!」と思えるものから、「なんだこりゃ!」と思うものまで、
テレビはヒーローであふれかえった。御多分にもれず、私もヒーロー番組に出まくっていった。

 どれだけの数のヒーローがいようとも、私のような子供の役回りはたいてい悪の組織につかまって、
ヒーローに助けられるというものだったが、
時々つかまった挙句に催眠をかけられて悪の組織のいいなりになり、
ヒーローに襲いかかるといったものもあった。

「キミが刀をこう振ったらこうなるから、こうしてごらん。」

と殺陣師の方に振り付けをされて、ヒーローに襲いかかっていくというわけ。
子供なのでとても簡単な振り付けだったと思うが、自分とヒーローが戦うというシチュエーションに興奮した。
思えばこれが立ち廻り(アクション)をやるという事の初体験だった。
その時はまさか将来自分が振り付けをしたりするなんて思いもしなかったが…。
(この記憶が正しければ、立ち廻り歴は35年以上という事になる。オソロシイ事だ!)



 そんな昔日のある日、都内某所の広い公園の中に流れる小川にかかった橋の上で、
悪の組織に改造されてしまった私と4、5人の子役達は、
殺陣師の方の振り付け通り、早朝からヒーローと戦っていた。

 その日は雨上がりで、木の橋の上はつるつるに滑った。

 こう見えて運動神経0(ゼロ)の私は、ウレタンで出来た剣を振っては滑って転び、
転ぶのが怖いから橋の欄干(らんかん)につかまったきり動かずにいて、
振り付けのタイミングを逃してNGを連発していた。
最初はヒーローに入っている人もまわりのスタッフも笑っていたが、
あまりに出来ないので笑いはその内罵声に変わっていった。

「何やってんだ、コラ! デブ!(当時の私は見事な肥満児っぷりだった。)
早く次のシーン撮らなきゃいけねんだぞ! ちゃんとやれよ!」といった具合である。

 そんな事言われずとも分かっているのだが、鈍い身体がいう事をきかなかった。
段々とまわりの子供(同じ子役)達からも蔑み(さげすみ)の眼差しがふりそそがれる。

「次出来なかったら、オマエ帰っていいや! よし、いくぞ。ヨーイ、ハイ!」

と監督が怒鳴った。

「ええい! もうどうにでもなれ!」

と思い、私は言われたタイミングでヒーローめがけて突進していった。

 ガツン! と鈍い音がして、「カット!」の声がかかった。
目の前には股間を押さえてうずくまるヒーロー。


ざっつえんたイラスト3


どうやら(やっぱり足が滑って)目測を誤った私の剣か肩がヒーローの大事な所を直撃したらしい。

「オマエ… バカか…。」

と、仮面の中からヒーローとは思われぬ発言が聞こえた

 私は悪の組織の一味としてヒーローを倒した。


スポンサーサイト
[ 2011/10/09 00:00 ] ざっつえんた | TB(-) | CM(-)
PICK UP!!
UP 
【技講座⑭構えのジャンル】コチラ
90

【技講座⑬沈身の半身】コチラ
84

【技講座⑫身体の各パーツの分離】コチラ
技83

【技講座⑪刀の握り】コチラ
技講座写真70

【技講座⑩半身歩法】コチラ
技講座写真65

【技講座⑨剣を使わない抜刀稽古】コチラ
技講座写真59

【技講座⑧肩の埋め込み】コチラ
49

【技講座⑦柔らかい胸と沈む腰】コチラ
技講座写真32

【技講座⑥抜き打ち(抜刀・横払い)】コチラ
技イラスト2

【技講座⑤手の平合わせ→水平面の移動】コチラ
技イラスト2

【技講座④水平斬り】コチラ
技イラスト2

【技講座③脱力の技、二】コチラ
技イラスト2

【サイムライダイエットエクササイズ2】コチラ
トモエさん(顔)

【サムライダイエットエクササイズ1】 コチラ
トモエさん(顔)

【技講座②脱力の技、一】コチラ
技イラスト2

【技講座①流れるように・・・】コチラ
技イラスト2
検索フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。