談話室『和太刀』

~立ち廻りから得られる身体のお得情報!~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第49回 「男は黙って小野派でござる!!」の巻

ツルギ1「いやあ、センセエ、前回の柳生家の繁栄にまつわる話を聞いて、
ツルギくん
        小説や映画なんかでよく宗矩の子(長男)である十兵衛が、
        何故隠密として全国を旅してまわっているという
        設定になっているのかがよくわかりました。」



センセイ「ツルギ君は十兵衛が好きみたいだねえ。
センセエ
        イヤ、旅をしてまわっていた時期があるらしいのは本当なんだけど、
        結構謎に包まれている人物でね、本当に宗矩から何かの密命を受けて
      諸大名の動向を探るために旅をしていたのか、
        父親に対しての反発心から我が道を見つけ出す為の武者修行として
        まわっていたのか、本当のところはわからない。

        だから映画や小説なんかは、この2つのタイプを含む
        様々な十兵衛がつくり出されたんだと思う。」

ツルギ1 「ボクは後者の方であって欲しいなあ…。アウトロー、一匹狼、
        組織への反逆心ってなんか格好イイじゃないですか。」


ガラシャ1「ものは言いようよね。結局それって
ガラシャさん
        組織や社会になじめない未熟者だってことかもしれないじゃない。」


ツルギ2  「アウ…アウ…! ガラシャさん、十兵衛様に対して…アウ、アウ!!」

センセイ  「ははは(笑)。女の子は現実的だなあ。」

ガラシャ2「あら、私はロマンチストですよ。

        ただ、むしろ一つの剣の流派を武器に、
        政治にまで影響を及ぼしたという意味では、
        宗矩の方に男のロマンを感じるんです。」


ツルギ2  「うう…十兵衛、全否定かよ。」

センセエ2「まあまあ(笑)。だって十兵衛が本当のところ、
        父親に対してどう思っていたかなんて誰もわからないわけだから。

      もしかしたら映画なんかに語られているように、
        父親の為に働く一番のコマだったのかもしれないわけだしね。」

ガラシャ1「センセエ、因みに小野忠明(小野派一刀流)なんかはどんな人物だったんでしょう。

        剣を政治の世界にまで利用した柳生家や、
        一人で求道者として頂点まで登りつめた武蔵と…。
        大体どういうベクトルで生きていたのかとか…。
        やっぱり謎が多いんでしょうか。」


センセエ2「小野忠明はね、多分『古武士』というイメージにおいては一番かもしれない。

        剣の技では(当然の事ながら)達人級。
        で、硬骨の武人、無頼派…という感じかなあ。
        だから逆に政治と剣法をつなげようという発想は出来なかったのかイヤだったのか。

        とにかく実践主義者だったんだろうと思う。」

ガラシャ1「確か忠明の師というのは、
        あの有名な伊藤一刀斉(一刀流の始祖)ですよね。」


センセエ2「そう。一刀斉に勝負を挑んだ忠明は軽くあしらわれてしまう。

        で、弟子として入門してしばらく一刀斉に従って全国をまわった。
        入口からしてこうだから、ある意味『強い者は強い。』
        というサバサバしたところがあったんだと思う。
        政治の世界で陰謀をめぐらせるようなタイプではなかったんだと思うんだよね。」

ツルギ1「なる程。えっと…、遅ればせながら、一刀斉って、あの伊藤一刀斉ですよね!」

センセエ2  「? … うん … そう。」

ガラシャ2「武蔵と小次郎をある意味引き合わせた、
        なんて言うんじゃないでしょうね、ツルギ君。

        それ、マンガの『バガボンド』の中のエピソードだからね。」


ツルギ2  「あ…あう(図星)。」

センセイ「(笑)。わからないよ、でも。

        『バガボンド』は作者が本当に心身を削って書いているのが分かるからね。
        各キャラクターが本当に生きている。

        そういう作品って説得力を持つから、
        100年後には『武蔵と小次郎の出会いの糸をつないだのは一刀斉だ!』
        なんて事になっているかもしれない。
        実際、講談やら歌舞伎やら映画やら小説やらで説得力のあるものって、
        あたかも真実のようにいつの間にか史実みたいに一般に知れ渡ってしまうという例は、
        これまでにも紹介したしね。」

ガラシャ1  「そうかあ…分かってないぶん、そういう余地がありますよね。」

センセエ2「そう。だからボクらみたいな畑の人達は責任重大なんだ。
        フィクションだからといっても、動き方やその人の中にあるスピリットまで
        フィクションで済ましていたらダメだと思う。
        だからここしばらく展開されている剣豪の足跡のような事って、
        知っておく必要があるんだよね。

        アレ…? そもそも何の話だっけ?」

ツルギ2  「スミマセン、小野忠明の人物像です。」

センセエ2「ア、そうか。一刀斉に弟子入りしたというエピソードから脱線しちゃったんだね。
        でもいいよ。脱線出来るのが談話室のイイトコロだから(笑)。

        小野忠明の考え方を表している話があってね。
        それを紹介して、後は次回にまわそうよ。
        2代将軍の秀忠と忠明がある時剣術について語り合っていた時の忠明の言葉でね、
        『とかく剣術というものは、腰の刀を抜いた上でありませんと、
        論は立つものではございませぬ。座上の剣術は所詮、
        畠(はたけ)の水練と思(おぼ)しめされたく存じます。』というのがある。
        これは忠明の人柄をよくあらわしていると思う。

        つまり、剣術は実際に腰の刀を抜いてからの話で、
        いくら座上の言葉で語ったとしても、
        畠でやる水泳みたいなもんだってね。」



談話イラスト47


ツルギ1 「オオ! 格好イイ~。まさに古武士! 男は黙ってっていう…。」

ガラシャ2 「武骨~、愚直~!」






                  つづく        ガラシャ3
スポンサーサイト
[ 2011/09/28 00:00 ] 談話 | TB(-) | CM(-)
PICK UP!!
UP 
【技講座⑭構えのジャンル】コチラ
90

【技講座⑬沈身の半身】コチラ
84

【技講座⑫身体の各パーツの分離】コチラ
技83

【技講座⑪刀の握り】コチラ
技講座写真70

【技講座⑩半身歩法】コチラ
技講座写真65

【技講座⑨剣を使わない抜刀稽古】コチラ
技講座写真59

【技講座⑧肩の埋め込み】コチラ
49

【技講座⑦柔らかい胸と沈む腰】コチラ
技講座写真32

【技講座⑥抜き打ち(抜刀・横払い)】コチラ
技イラスト2

【技講座⑤手の平合わせ→水平面の移動】コチラ
技イラスト2

【技講座④水平斬り】コチラ
技イラスト2

【技講座③脱力の技、二】コチラ
技イラスト2

【サイムライダイエットエクササイズ2】コチラ
トモエさん(顔)

【サムライダイエットエクササイズ1】 コチラ
トモエさん(顔)

【技講座②脱力の技、一】コチラ
技イラスト2

【技講座①流れるように・・・】コチラ
技イラスト2
検索フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。