談話室『和太刀』

~立ち廻りから得られる身体のお得情報!~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『雑!! 演殺陣人達(ざっつ!! えんたてめんつ)』  ①ガケの上の洗濯機

『雑!!演殺陣人達(ざっつ!!えんたてめんつ)』

 このコーナーは、和太刀主催者・清水大輔の子役から始まり、
殺陣師になり、現在に至るまでに出会った人や出来事をかき集めて
バラバラに(思いつくままに)脱ぎ散らかしたエッセイ風の独白文です。





①ガケの上の洗濯機

 今から二十数年前。石川県K市にある山の上のレジャーランドで
アクションショーをした時のこと。

 仕事は丸一カ月泊まり込みで、ショーはレジャーランドの中に設置してある舞台で行われた。
本番は1日5回というハードスケジュール。
1回のショーが約30分程の短いものなのだが、30分間はほとんど殺陣三昧(たてざんまい)の中身で、
1回やると息も絶え絶え。



 やっとこさ5回のショーを終えたら部屋に帰ってゆっくりと休みたいところなのだが、
何と正式な部屋が無い……部屋が無い!?

 『キミタチみたいな肉体労働者はお客様と違うんだから部屋なんか無いヨ。
たまに空いたらそこに入れてあげてもいいけど、基本は廊下で寝泊まりしなさい。』
ということらしい。

 悪夢である。廊下と言ってもほとんど使用されていない別館の様な建物の方の、
カビ臭い部屋と部屋の間のくぼみの様なところをあてがわれたわけで
(だったらカビ臭くても良いからその部屋に入れてよと思ったのは言うまでもない)
寝ていてもそこに観光客が通る事など滅多にないのだが、
それにしても戸も無い所で不用心に寝ろと言われても、ハイそうですかと休めたものではない。

 出発するまでは朝食付き(昼・夜は自分でレジャーランド内の店で食べる。
山の上なので外に行っても山道と木ばかりで、送迎バスも夕方5時には終わるので、
5回目のショーが終わったら下山して町にも出られないのだ!)
と聞いていたのだが、食堂に行って出てきたのは、白い米の飯と具の無いみそ汁だけ。

 仲間の中に一度来たことがあるヤツがいて、そいつに聞くと、
「オバちゃん(食堂の)の機嫌のいい時は、ご飯にふりかけがついたり生卵がついたりするから。」
って……。アホか!(オマエもそうとわかっていて2回も来るなよ!)



 最大にビックリしたのは洗濯(機)。

 一カ月の滞在だから、当然洗濯は自分でやるのだが、
「洗濯機はどこですか?」と聞いて案内されたのは、正真正銘ガケの上。
何故か数百メートルの山の断崖絶壁ギリギリの所に、古い二層式洗濯機がポツンとある。

 洗濯するたびに、「ヒイ~。こわいよォ~。」である。


ざっつえんたイラスト1

  


 当時は「なんて厳しい環境なんだ。」としか思っていなかったが、
今思うと、部屋が無い事より、ご飯が粗末な事より、一番納得がいかないのがこれである。
私達が使っていない時は誰が使うんだ!



 そんな思いをしてギャラが1日4,500円。

 好きでなきゃやっていられない最たるものである。



 雨の日など足が滑って崖下に転落するかもしれない恐怖と戦いながら、
ガケの上ギリギリに佇んで洗濯が出来るのを待っていた。



 今となってはいい思い出……になるかボケ!という感じである。

 でもガケの上から眺めおろした街の風景はとても美しかったのを覚えている。

スポンサーサイト
[ 2011/09/14 00:00 ] ざっつえんた | TB(-) | CM(-)
PICK UP!!
UP 
【技講座⑭構えのジャンル】コチラ
90

【技講座⑬沈身の半身】コチラ
84

【技講座⑫身体の各パーツの分離】コチラ
技83

【技講座⑪刀の握り】コチラ
技講座写真70

【技講座⑩半身歩法】コチラ
技講座写真65

【技講座⑨剣を使わない抜刀稽古】コチラ
技講座写真59

【技講座⑧肩の埋め込み】コチラ
49

【技講座⑦柔らかい胸と沈む腰】コチラ
技講座写真32

【技講座⑥抜き打ち(抜刀・横払い)】コチラ
技イラスト2

【技講座⑤手の平合わせ→水平面の移動】コチラ
技イラスト2

【技講座④水平斬り】コチラ
技イラスト2

【技講座③脱力の技、二】コチラ
技イラスト2

【サイムライダイエットエクササイズ2】コチラ
トモエさん(顔)

【サムライダイエットエクササイズ1】 コチラ
トモエさん(顔)

【技講座②脱力の技、一】コチラ
技イラスト2

【技講座①流れるように・・・】コチラ
技イラスト2
検索フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。