談話室『和太刀』

~立ち廻りから得られる身体のお得情報!~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第43回 「“礼”一つにも力を抜いて全身運動でござる!!」の巻 

ガラシャ1「前回の続きなんですけど、実は私も最初センセエに
ガラシャさん  『力なんか使わなくていいんだ。』という事を言われた時は、
        イコール『楽が出来る』という風に解釈しちゃっていたと思います。」


ツルギ1  「今は?」
ツルギくん


ガラシャ1「今は…。そうだなあ。力を抜くという意味を稽古の中で理解していくにしたがって、
        本当に力を抜くというのは、
        単純に力を入れるという事より数段難しいんだという事がわかってきて……。
        でも結果、それを追求する事が楽しいというか。」


センセエ2「ウン、その境地に行ければ本物だよね。
センセエ    稽古で自分を磨く者としては、確かにガラシャさんの言う通り
        本当の意味で力を抜くという事を理解して実行するというのは
        とても難しいもので…。

        第一、『力を抜く』という言葉って、
        『単純に力を入れる』という言葉の相対的ポジションとして
        説明しているに過ぎないからね。
        それを『運動エネルギー0(ゼロ)でもいいんだ。』
        っていう事と誤解してしまう人が多いんだと思うんだ。」

ツルギ1  「動くんだから当然0(ゼロ)ではないという事ですね?」

センセエ2「そう。0(ゼロ)じゃ本当にただ脱力しましたっていうだけで何も出来ない。
        その運動をする最低限の力はいると思う。
        でもそれは筋力に頼ったものでは決してない。
        素人が触れたら『本当に0(ゼロ)じゃないか!』と思うくらい脱力する。
        で、その分たかが指一本動かすにも全身を総動員するんだ。
        すると同じ指一本動かすにも、だいぶ動きの質が変わってくる。」

ツルギ2「それがなかなか…。習慣とは恐ろしいものでつい……ね。
        力に頼ってしまうし、指一本動かすという時は、
        まさに指一本だけの動きになっちゃう。」


ガラシャ2   「わかる、わかる。」

センセイ「だから古流(古伝武術)の世界では、『型』の存在が重要視されたと思うんだよね。
        あの変な格好……なんであんな事する必要があったのか。
        あれがまさに身体を使う時の神経の回路の
        組み換え作業の役まわりをしていると思うんだよね。

        だから『型』を実戦的なものとして評価しようとしても、
        型の真意なんて何も見えてこない。
        本当に使えるか使えないかというのは、表面上の動きを見るのではなく、
        その身体使いそのものを見るべきなんだよね。」

ガラシャ2「つまり、如何にも実戦的を装ったような、
        派手で剣が速いようなものっていうのは逆に怪しいという事ですね?」


センセエ2「ウン。怪しいっていうか…ほとんどダメだね。
        むしろ前衛的な方が全然信用出来る。
        『使える身体』を練るのに、現代人が理解しやすいように
        目に見える形でそれらしくしたものって、
        都合良くそうしているだけだってわかるよね。
        あと、やたらにキチンとして見えるんだけど、
        意味無くキチンとしているだけのやつとかね。」

ツルギ1「あ~。『礼に始まり礼に終わる』という所だけをやたらに協調して、
        金切り声で気合い入れてみたいな感じですね、それ。」


センセエ2「『礼を重んじる』のは大切だと思うけどね。
        でもその礼そのものが身体を板みたいに固くして…。
        力んじゃっているので、オイオイって感じ。
        だから『礼』も一つの型、動きとして見ると良いと思う。」


談話イラスト41



ガラシャ1「使える身体が養える型というのは、
        『礼』一つをとっても機能的に優れているという事ですね。」


センセエ2「その通り。全身を使っていながら、さりげなく美しいものであるべきだと思う。

        如何にも、『ハイ!礼儀ですから!』みたいなのはどうもね。
        礼をしているのに押しつけがましくて、
        逆に威張っているように見えてしまう(笑)」

ツルギ1   「何故そういう所が多いんでしょう?」

センセイ「さあ…。ひとつには宣伝効果もあるのではないかと…。

        『ウチはちゃんとしていますヨ! 力強いですヨ! 
        サムライでございますヨ!』みたいな。」

ガラシャ2 ・ ツルギ2   「(笑)」

センセエ2「『礼』に威張る心もへりくだった心もいらないと思うけど。
        それらしく見せるとなるとそうなってしまうのかなあと思う。」

ガラシャ1「正しい礼って、稽古場でもやりますけど、
        人におでこや胸につっかい棒として手を当てられていても、
        スイと出来て、止めている側の方が崩されてしまいますものね。」


ツルギ2「ウン…。でもそれも『倒してやろう!』と思うと力が入っちゃって
        逆にどんなに頑張っても礼が出来ない。」


センセイ「そうだね。『崩そう。』と思った時点で『礼』じゃないしね(笑)」

ガラシャ2「難しいけど、正しいものがちゃんと受け入れられるようになるには、
        選ぶ側の私達の眼がそれを判断するレベルにないとダメですね。」


センセエ2「そうだね。」




                    つづく         センセエ(全身2)
スポンサーサイト
[ 2011/08/31 00:00 ] 談話 | TB(-) | CM(-)
PICK UP!!
UP 
【技講座⑭構えのジャンル】コチラ
90

【技講座⑬沈身の半身】コチラ
84

【技講座⑫身体の各パーツの分離】コチラ
技83

【技講座⑪刀の握り】コチラ
技講座写真70

【技講座⑩半身歩法】コチラ
技講座写真65

【技講座⑨剣を使わない抜刀稽古】コチラ
技講座写真59

【技講座⑧肩の埋め込み】コチラ
49

【技講座⑦柔らかい胸と沈む腰】コチラ
技講座写真32

【技講座⑥抜き打ち(抜刀・横払い)】コチラ
技イラスト2

【技講座⑤手の平合わせ→水平面の移動】コチラ
技イラスト2

【技講座④水平斬り】コチラ
技イラスト2

【技講座③脱力の技、二】コチラ
技イラスト2

【サイムライダイエットエクササイズ2】コチラ
トモエさん(顔)

【サムライダイエットエクササイズ1】 コチラ
トモエさん(顔)

【技講座②脱力の技、一】コチラ
技イラスト2

【技講座①流れるように・・・】コチラ
技イラスト2
検索フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。