談話室『和太刀』

~立ち廻りから得られる身体のお得情報!~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【上達のための技講座】⑦柔らかい胸と沈む腰


技講座写真28
受が左前(写真左)、取が右前(写真右)。



技講座写真29

受は左手刀で(抜き打つように)取の首から胸を斬っていく。

取は下から左手でそれを受ける。
※腰、肩を沈めながら柔らかく受ける事。

力んだ動作で胸が固いと受の手刀にはまず間に合わない。
刀を振りかぶるに同じく、体幹を下に沈める動作で腕を上げる。



技講座写真30

取はキャッチした受の左腕下から手刀を差しこむ。
(ぶつけるのではなく、素早く柔らかく)



技講座写真31

そのまま取が腰を沈めただけで、受の腰は浮き、崩される。

相手に対してガチガチだったり乱雑だったりするとこのような状態は起こらない。
また、肩が力みによって上がったりしても脇が開いている状況になり上手くいかない。

 


技講座写真32  技講座写真33

取は互いの接点である肘の位置が動かない様にして、
肘から先を外まわしに円を描き、
受の後頭部を後ろから包む様にする。

受としては、この時、取られている左手に乱暴に当たる感覚があるなら
手を引き抜いてしまっても(反撃しても)良い。

ただしこれは武術的要素を含んでいるとはいえ、
基本的には身体の使い方の勉強法なので、
この場合の反撃は腕を抜くか、逆に取を崩すという程度にする。




技講座写真34  技講座写真35

取は腕による力技ではなく、あくまで「胸のたたみ」と「腰の垂直の沈み」により、
受を丸く投げ崩す。

腕による力技や足の踏ん張りを効かそうとすれば、
受も足の踏ん張りが効くので投げ崩せないはずである。

あくまで柔らかい円の動きで崩す事が大切である。

 


尚、どうしても脚力や踏ん張りを使ってしまう場合は、
同じ手順で座った形(座稽古)を行う。

相手を浮かす時には肋間を抜いて、
相手の腰の下に自分の腰が入る様にイメージする。

技講座写真36
技講座写真37
技講座写真38
技講座写真39
技講座写真40
技講座写真41
技講座写真42
スポンサーサイト
[ 2011/08/24 00:00 ] 技講座 | TB(-) | CM(-)
PICK UP!!
UP 
【技講座⑭構えのジャンル】コチラ
90

【技講座⑬沈身の半身】コチラ
84

【技講座⑫身体の各パーツの分離】コチラ
技83

【技講座⑪刀の握り】コチラ
技講座写真70

【技講座⑩半身歩法】コチラ
技講座写真65

【技講座⑨剣を使わない抜刀稽古】コチラ
技講座写真59

【技講座⑧肩の埋め込み】コチラ
49

【技講座⑦柔らかい胸と沈む腰】コチラ
技講座写真32

【技講座⑥抜き打ち(抜刀・横払い)】コチラ
技イラスト2

【技講座⑤手の平合わせ→水平面の移動】コチラ
技イラスト2

【技講座④水平斬り】コチラ
技イラスト2

【技講座③脱力の技、二】コチラ
技イラスト2

【サイムライダイエットエクササイズ2】コチラ
トモエさん(顔)

【サムライダイエットエクササイズ1】 コチラ
トモエさん(顔)

【技講座②脱力の技、一】コチラ
技イラスト2

【技講座①流れるように・・・】コチラ
技イラスト2
検索フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。