談話室『和太刀』

~立ち廻りから得られる身体のお得情報!~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第38回 「忍者は黒装束でキマリ!でござる!!」の巻

ガラシャ1「前回の『他人の中に自分を見つける。』という話、
ガラシャさん  やっぱり現代人には難しいなと改めて思いました。
        今は昔と違って一人で引きこもっても色々楽しめる…というか、
        退屈しないものがあふれているというか…。」


ツルギ1「ゲームとかね。朝までゲームした時とか、翌日疲労がたまって
ツルギくん   『ああ、しまったなあ。』とか思うんだけど、
        それなりに達成感も感じちゃう。」


センセエ2「(笑)。それは仕方ないよね。当たり前だけど、昔はゲームをしたくても
センセエ    電気も通っていないからね。
        夕方になったらもうほとんど暗闇の世界に近付いちゃう。
        ロウソクの火なんてたかが知れているし。」

ガラシャ1「センセエ、暗闇と言えば、“忍者”ってホントに時代劇のように
        黒装束だったんですかね?
        今で言えばスパイみたいなもんでしょう? だったら一般人にまぎれ込んで
        武士だとか農民に変装している事の方が多いんじゃ…。」


センセエ2「あ、それ正解。時代劇みたいに昼間の明るい時から
        黒装束に身を固めていても仕方ないよね(笑)。
        で、主に忍者には乱波(らっぱ)と透破(すっぱ)という区分け
        の様なものがあって、主に戦闘時に活躍する乱波が
        黒装束のイメージなんじゃないかな。
        透破の方が諜報活動が主だった仕事だからね。」

ガラシャ1「透破って『すっぱ抜く』という言葉の語源になったと聞いた事ありますけど。」

センセイ「オッ、さすがガラシャさん! 正解です。
        まさに、すっぱ抜く、見抜くのが透破の仕事だからね。」

ツルギ1  「あ、くそ! くやしいなあ。
        …じゃあボクもウンチクを一つ! 雑誌『スパ!(SPA)』の語源は
        “すっぱ抜く”からきているって知ってました?」


センセイ  ・  ガラシャ1  「なんだかなあ。」

ツルギ2 「すんません。忍者とは何も関係無かったっす…。」

センセエ2「(笑)。まあ、いいじゃない。で、黒装束の話に戻すけど、
        さっきも言った通り昔の夜、つまり暗闇というのは
        電気がついている現代とは比べものにならない訳だからね。
        黒装束だってそれなりに役立っていたと思うよ。

        例えば、『暗殺法』の一つに、夜道を歩いている人の左斜め背後に忍び寄り、
        刃物で攻撃する時なんかは、
        やっぱり闇に溶け込む様な黒装束の方がいいんだと思うし…。」

ツルギ1 「? ……それ、黒装束なのはわかりますけど、
        何故“左斜め後ろ”なんですか?」


センセエ2 「多分、右手で提灯(ちょうちん)等の明かりを持っているからだと思うよ。
        姿を見られずに近づこうと思ったら自然にそうなるんじゃない?」

ガラシャ1  ・  ツルギ1 「あ、そうか。」

センセイ  「あとね、『蓑がくれ(みのがくれ)』なんていうのもある。」

ツルギ1  「うわっ。名前からして忍術っぽいですね。」

センセイ「そうだろう(笑)。でもこれ、黒装束を着ている時なんかに敵が近づいてきたら、
        道端にしゃがんで黒い袖を顔の前に上げて身を隠すという単純なものなんだ。」

ガラシャ1   「なあんだ! …大袈裟な!」
 

 談話イラスト36

    

センセエ2「でも、これだって街灯も無い昔の夜道ならば、それなりに効果があったんじゃないかな。

        だって刀を切先ギリギリまで鞘(さや)を抜いて、しゃがみ込み、
        釣り竿の様にして、切先に鞘が引っかかった状態で敵を待ち、
        もし『コトリ。』と鞘が落下したら敵が目の前にいるということで、
        そのまま突き刺すという暗殺法だってあるくらいだから。」

ツルギ2 「ゲエッ!! マジですか? どれだけ暗いんだよ。」

ガラシャ1 「今夜道でそんな事していたって、
        数十メートル手前の所で気付きますものね。
        『ア、あそこに人がしゃがんでるな。』って(笑)」


ツルギ2 「ホントだよね。そう考えると、
        忍者の仕事をしにくい世の中になったもんだよね(笑)」


センセエ2「物陰に隠れるという事だったら、
        昔よりも建物が多いから仕事しやすいんじゃないかな。」

ガラシャ1 「ああ、そうですね…ってかコワイ。」

ツルギ1「ははは。ガラシャさんを物陰に隠れて襲う様な
        勇気のある忍者なんか滅多にいないと思うよ。」


ガラシャ1 「もう一度言ってごらん。」

ツルギ2   「申し訳ございませんでした。」






                   つづく       ツルギ3
スポンサーサイト
[ 2011/08/10 00:00 ] 談話 | TB(-) | CM(-)
PICK UP!!
UP 
【技講座⑭構えのジャンル】コチラ
90

【技講座⑬沈身の半身】コチラ
84

【技講座⑫身体の各パーツの分離】コチラ
技83

【技講座⑪刀の握り】コチラ
技講座写真70

【技講座⑩半身歩法】コチラ
技講座写真65

【技講座⑨剣を使わない抜刀稽古】コチラ
技講座写真59

【技講座⑧肩の埋め込み】コチラ
49

【技講座⑦柔らかい胸と沈む腰】コチラ
技講座写真32

【技講座⑥抜き打ち(抜刀・横払い)】コチラ
技イラスト2

【技講座⑤手の平合わせ→水平面の移動】コチラ
技イラスト2

【技講座④水平斬り】コチラ
技イラスト2

【技講座③脱力の技、二】コチラ
技イラスト2

【サイムライダイエットエクササイズ2】コチラ
トモエさん(顔)

【サムライダイエットエクササイズ1】 コチラ
トモエさん(顔)

【技講座②脱力の技、一】コチラ
技イラスト2

【技講座①流れるように・・・】コチラ
技イラスト2
検索フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。