談話室『和太刀』

~立ち廻りから得られる身体のお得情報!~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第27回 「門構えで決めるでござる!!」の巻

ツルギ1 「イヤア、センセエ、前回の
ツルギくん   『岡っ引き』がホントは生活的に食べていけない
        みたいな話って面白いッスねェ!」


ガラシャ1「そうね。時代劇とか見ていると銭形平次親分みたいなイメージしかないから。
ガラシャさん
        あんな粋で格好イイ感じではとてもじゃないけど
        やっていけなかったという現実的な事を聞かされると
        失望感もあるけど、ある意味面白いわね。」


センセイ「そうでしょう。でもね、そんな事言ったら他にも
センセエ    時代劇がつくり出したと思われるウソなんか山ほどあるからね。」

ツルギ1 「あ、一部でいいのでチョット教えて下さいますか?」

ガラシャ1 「どーしたのツルギ君、急にかしこまって(笑)。」

ツルギ1 「イヤ……好きなんだよネ、何かそういうの。」

センセエ2「(笑)。そうか、エーッと何から話そうか…。

          あ! じゃあ例えば『表札的なもの』ってあるじゃない?」

ガラシャ1「表札って…あの、いわゆる家の玄関にあるアレですよね。」

センセエ2「うん、その表札なんだけど、習慣的に始まったのは明治期だからさ。
        それまでは家だの屋敷だのにそんなもの無いんだよね。」

ガラシャ1 ・ツルギ2 「エ~ッ!?」

センセイ 「ビックリするでしょ(笑)。

        だから地方からやってきて誰それの下屋敷を訪ねる事になっても、
        目印となるもの(表札)が無いから、
        武家屋敷が立ち並んでいる所に行くと、どれが誰の屋敷だか
        わかんなかったはずなのね、人に聞かないと。」

ガラシャ2 「な、何でそんなコトだったんですかね。」

センセエ2「まあ、習慣的なものだろうね。

        だから雑貨屋(当時は荒物屋と呼ばれていた)さんの近江屋という所が
        ちょうど武家屋敷が集中しているところにあったために、
        頻繁に道を聞かれてね、それで『江戸切絵図』なる地図を作成して
        売り出したんだよ。それが大ヒットして…。」

ツルギ1 「そりゃあそうですよね! そんな状況で地図出したら!」

ガラシャ2 「ミリオン(セラー)間違いなし!」

   談話イラスト25


センセエ2「だよね。だから切絵図が出るまではホント大変だったと思うよね。

        で、人に聞く以外に目安になっていたのが門構えとからしい。
        大体あそこの家は何百石だからその門構えからして
        あそこじゃないのかとか。

        当時は格式別にというか、様式が定められていたからね。
        だから木戸門だけみたいな簡単なつくりの家が何百石クラスの
        家であるワケはないしね。」

ガラシャ2 「なる程。」

センセイ 「あと、上の方になると苗字といったって、
        同じ『松平家』だけでたくさんあるわけだからさ。」

ツルギ1 「あっ。そうか。」

センセエ2「東大の赤門なんかは十一代将軍家斉(いえなり)の娘、
        溶姫(やすひめ)が嫁いだ先の加賀前田家の御守殿門だったらしいけど。」

ガラシャ1 ・ ツルギ1   「ヘぇ~。」

センセイ 「いずれにせよ、全てが大体の見当でスタートして、
        当たればそれにこしたことはないしという…
        今では全く信じられない事だよね。

        奉行所にしたって(表札が)時代劇みたく
        北(南)町奉行所なんて書いてないし。」

ツルギ2 「エッ!? 奉行所までもォ!?」

センセエ2「そりゃあそうさ。それに南北の奉行所は月一交代で開いていたわけだから、
        ボンヤリしていると何か起きた時に
        今月はどっちに行けばいいのだったっけ?
        みたいな事になるからさ。」

ガラシャ1 「エ!? じゃあ、遠山の金さんと大岡越前守は
        同時に仕事していなかったという事ですか!?」


センセイ 「そうです。ビックリした(笑)?」

ガラシャ1 「ええ、かなり…。」

ツルギ1「やっぱりこのテの『実は…○○だった。』という話は面白いですよね。

        やっぱりドラマの影響というか
        毒されている部分って随分あるから。」


センセエ2 「じゃあしばらくそういうコーナーにする? 次から(笑)。」

ガラシャ2 ・ ツルギ1 「ハイ。よろしくお願いします。」


                      つづく    ツルギ4
スポンサーサイト
[ 2011/07/03 00:00 ] 談話 | TB(-) | CM(-)
PICK UP!!
UP 
【技講座⑭構えのジャンル】コチラ
90

【技講座⑬沈身の半身】コチラ
84

【技講座⑫身体の各パーツの分離】コチラ
技83

【技講座⑪刀の握り】コチラ
技講座写真70

【技講座⑩半身歩法】コチラ
技講座写真65

【技講座⑨剣を使わない抜刀稽古】コチラ
技講座写真59

【技講座⑧肩の埋め込み】コチラ
49

【技講座⑦柔らかい胸と沈む腰】コチラ
技講座写真32

【技講座⑥抜き打ち(抜刀・横払い)】コチラ
技イラスト2

【技講座⑤手の平合わせ→水平面の移動】コチラ
技イラスト2

【技講座④水平斬り】コチラ
技イラスト2

【技講座③脱力の技、二】コチラ
技イラスト2

【サイムライダイエットエクササイズ2】コチラ
トモエさん(顔)

【サムライダイエットエクササイズ1】 コチラ
トモエさん(顔)

【技講座②脱力の技、一】コチラ
技イラスト2

【技講座①流れるように・・・】コチラ
技イラスト2
検索フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。