談話室『和太刀』

~立ち廻りから得られる身体のお得情報!~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

和太刀~上達の為の技講座~ 34:関節をキメル

素手での格闘技や武術各流派に存在する関節を決める技、
いわゆる関節技ですが、人の身体の構造を理解すれば、特定の入り方やハウツーに捕らわれることもなく、
その瞬間に生まれた体制から頭で考えずに動いた結果、相手の身体の自由を奪う体制に変化出来たりします。

写真は向かい合った相手に右手で自分の右手を捕まれたとき、
技講座写真188

左側に腰で流して、
技講座写真189
技講座写真190
技講座写真191


後ろ手に関節を決めて、
技講座写真192
技講座写真193



その後さらに大まわしに右手でその手首を取り直し、
深く入った身体の側面でさらに相手の身体の自由を奪うという動きを行ったものです。
技講座写真194
技講座写真195
技講座写真196
技講座写真197
技講座写真198




これもたまたまその時のつかまれ方や身体の位置や間合いの関係性などから自然に出てきたものです。

このような稽古は相手の身体を痛め付ける為に行うのではありません。

相手の動き(働きかけ)に対して逆らうことなく、対応して動くということが大切です。

『型』の稽古などは、一体どうなるかわからない実践の動きを単的に表したものではなく、
人間の身体の構造の理解や『やり取り』の理解を深めるためにあると思います。
私たちのような虚構の世界を演じるものにとって、
そうした意識のやり取りや身体の構造を知るということは、
実戦世界の住人の方々以上に大切なものです。

たとえ振り付けをしたものの中にその動きが入っていなくても、
こうした稽古をしているかどうかというのは、
深い部分で大きな差となってあらわれてきます。



スポンサーサイト
[ 2013/12/11 12:00 ] 技講座 | TB(-) | CM(-)
PICK UP!!
UP 
【技講座⑭構えのジャンル】コチラ
90

【技講座⑬沈身の半身】コチラ
84

【技講座⑫身体の各パーツの分離】コチラ
技83

【技講座⑪刀の握り】コチラ
技講座写真70

【技講座⑩半身歩法】コチラ
技講座写真65

【技講座⑨剣を使わない抜刀稽古】コチラ
技講座写真59

【技講座⑧肩の埋め込み】コチラ
49

【技講座⑦柔らかい胸と沈む腰】コチラ
技講座写真32

【技講座⑥抜き打ち(抜刀・横払い)】コチラ
技イラスト2

【技講座⑤手の平合わせ→水平面の移動】コチラ
技イラスト2

【技講座④水平斬り】コチラ
技イラスト2

【技講座③脱力の技、二】コチラ
技イラスト2

【サイムライダイエットエクササイズ2】コチラ
トモエさん(顔)

【サムライダイエットエクササイズ1】 コチラ
トモエさん(顔)

【技講座②脱力の技、一】コチラ
技イラスト2

【技講座①流れるように・・・】コチラ
技イラスト2
検索フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。