談話室『和太刀』

~立ち廻りから得られる身体のお得情報!~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【上達の為の技講座】③脱力の技二、(両手投げ)

座った状態で相手(こちらも座っています)に手首をつかまれた
状態から相手を崩し倒します。

手首をつかんでいる側は、相手の手が動いたら
その動きを邪魔しても良い(投げられない様にして良い)とします。

技講座写真4





A.この条件では、力を入れたり、強引に投げようとしても、
  ことごとく相手に防がれてしまいます。
技講座写真5




B.ですが、力を抜いて、肩を沈ませ、手(腕)ではなく、肋骨の伸縮動作で崩す事により、

 相手は何の抵抗をする事も出来ずに崩れていきます。

技講座写真6

技講座写真7




★解説★

 和太刀ではこの様に、昔日の侍の動きを参考に、様々なバリエーションを「体術」として訓練しています。
目的は相手を倒す事ではありません。
あくまで、その様な動きや体捌きを訓練して身にしみ込ませる事です。

 我々の行っている殺陣(和太刀では「太刀廻り」と呼んでいます。)は実戦ではなく虚構の世界です。
しかし、昔日の剣豪や達人の動きをパフォーマンスとして見せていかねばなりません。
「芝居」だからといって、動きに「ウソ」があってはならないからです。

 侍だけでなく、昔の日本人はガシガシと力でぶつかり合う様な動きを決して良しとはしていませんでした。
その動きは流麗で、ぶつかる事のない美しいものであり、
今現在行われている「力まかせのチャンバラや殺陣の動き」とは程遠いものだったに違いありません。

 もちろん我々は「表現者」ですから、そうした「力の表現」を行う事もあります。
でもそれは、あくまで「芝居」として、力を抜いて、力を入れているという表現をしているにすぎません。

 それ故、我々の太刀廻りの稽古において、刀が当たって大ケガをする様な事は、
パーセンテージ的に考えても、かなり少ないのです。

 その様な動きを目指さない限り、「真の日本刀の世界、サムライの世界」は表現出来ないと考えます。
スポンサーサイト
[ 2011/04/20 00:00 ] 技講座 | TB(-) | CM(-)
PICK UP!!
UP 
【技講座⑭構えのジャンル】コチラ
90

【技講座⑬沈身の半身】コチラ
84

【技講座⑫身体の各パーツの分離】コチラ
技83

【技講座⑪刀の握り】コチラ
技講座写真70

【技講座⑩半身歩法】コチラ
技講座写真65

【技講座⑨剣を使わない抜刀稽古】コチラ
技講座写真59

【技講座⑧肩の埋め込み】コチラ
49

【技講座⑦柔らかい胸と沈む腰】コチラ
技講座写真32

【技講座⑥抜き打ち(抜刀・横払い)】コチラ
技イラスト2

【技講座⑤手の平合わせ→水平面の移動】コチラ
技イラスト2

【技講座④水平斬り】コチラ
技イラスト2

【技講座③脱力の技、二】コチラ
技イラスト2

【サイムライダイエットエクササイズ2】コチラ
トモエさん(顔)

【サムライダイエットエクササイズ1】 コチラ
トモエさん(顔)

【技講座②脱力の技、一】コチラ
技イラスト2

【技講座①流れるように・・・】コチラ
技イラスト2
検索フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。