談話室『和太刀』

~立ち廻りから得られる身体のお得情報!~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第9回 主体運動スイッチの切り替えのためでござる!!」の巻

ガラシャ1「センセエ、『主体運動スイッチの切り替え』によって
ガラシャさん 動きの精度が上がる事は、この前のお話で何となく理解出来ました。
        で、それって例として挙げた『抜刀』だけではなく、
        様々な動きのパターンについて実行していくべき事なんだと思うんですけど、
        他にはどんな例が挙げられますか?」


センセエ2「うん、それは言ってしまうとキリがないんだけれども(笑)。
センセエ
        でも、例えば昔から野球のバッティングなんかでは『腰で打て!』
        みたいな事って言われてきた事でしょ。
        刀にしたって『腰で斬れ』ってね。」

ツルギ1「そうか、それだって『主体運動スイッチの切り替え』ですよね。
ツルギくん
       バットとか刀だって、実際に持っているのは腕であって
       腰じゃないんですもんね。」


センセイ「そうでしょう。持っているのは腕だし、腕で振る事に違い無いんだけど、
       動きの主体的な部分……
       イヤ、その運動を行う意識の在り所と言ってもいいよね。
       それは腰であると。
       でもヘタクソなうちはそれを聞いても身体が意味を理解出来ないから、
       どうしても具体的に道具を持っている腕を振り回してしまう訳だよね。」

ツルギ1「ハイ、僕なんかよくビデオで自分の殺陣を見た時、
       力が入っちゃっている時ほど腕で振り回しちゃっていて
       納得出来ない事が多々あります。」


センセエ2「そう、だから力んではダメなんだ。
       腕に力が入ってしまうと、せっかく腰を主体にして動いても
       運動の流れが伝わらなくなってしまって、
       腕の振り回しになってしまうんだ。」

ガラシャ1「最初に話に出た『脱力』する事の大切さですよね。」

センセイ「そういう事。
       それに『刀を振る』というのは、腰を入れるとか腰で振るとかやたらに
       『腰』というワードばかりが取り沙汰されているけれども、
       他にも使わなければいけないパーツはまだあるしね。」

ツルギ1「あ……えっと、足運びとか足捌きとかですか。」

センセエ2「う~ん。それも大切だけども見た目に分かりやすい所だからね。
        ことさらに取り出して言うほどの事ではないと思う。」

ガラシャ1「えっ。じゃあ身体の中とかですか?」

センセエ2「正解。
       例えば、肋間の力を抜いて胸でおろすとか、
       脇が開かない様に肩を沈めるとか、
       背中にも振るという意識を持つとか。」

ツルギ1「ああ、普段から言われている事だ。
       でも、腰で振るというのは何となく理解出来てきたんですけど、
       刀を胸でおろすとかいうのは正直言って
       まだよく分からないんですよね。」


センセエ2「うん、そこにこそ力をとりあえず抜いて稽古を地道にしていくというか、
       積み重ねる楽しみというのがあるんだと思うネ。
       最初から『肋間をゆるめて、スプリング運動を使いなさい。』
       と言っても、現代人はそういう運動習慣が無いからね。
       無理にやろうとすると、ボディービルダーのポージングの様に、
       力を入れて背中の筋肉が盛り上がった様になってしまったりとかね。」

ガラシャ1「私、それよくあります。」

ツルギ2「(笑)。女子ボディービルダー。」

センセイ「だろう。だからそういうのは個人差があるし、ある程度時間がかかる。
       最初はとにかく力んで振り回しているだけの人が、
       だんだん力を抜くという重要性に気付き、
       腰から運動する様になり、
       切先のスピードや軌道の乱れが気になってきて、
       胸を柔らかく使い始めて…という様にね。

       ただし、これもセンスと言えばセンスかな。
       気付かない人はいくらやっても、『これが武士の姿だ!』
       という感じで胸を張り出して、肋(骨)間もカッチカチのままで、
       とにかく腕力と気合だけで何とかしようとする。

       昔の武士が見たら泣くよ。あんなに固い姿勢で剣を振ったら、
       武士同志の対決なんかではひとたまりもない。
       命がいくつあっても足りないよ。(笑)。」  

談話イラスト7



ガラシャ1「でも、虚構の世界の時代劇をはじめとする、
       ゲームの画面上のキャラクターも、剣道の試合でも、
       そんな姿勢ばかりですよね。」


センセエ2「そこが問題なんだ。アレをほとんどの人が正しいと思っている。
       これには幕末から明治にかけての西洋文化の介入やら、
       戦後の体育教育の軍隊方式の『気をつけぃ!』文化なんかが
       関係していると言われているんだけど。

       いずれにせよ、『剣』というものが時代の中で
       その実用性が無くなってきてしまった事も関係していると思うんだよね。
       『とにかく強そうに胸を張り出せ!』みたいなね。
       でも、昔のサムライが残した絵伝書(その流派の技や奥義等が書かれた巻物)
       なんかを見たらいい。
       そんな(胸を張った)姿勢で構えている
       サムライなんか一人もいないんだよね。」

ツルギ1「そうですね。あと、構え方なんかも様々ですし…。
       剣道みたいに正眼の構えと上段の構え以外
       ほとんど構えが見られないというのも無いというか。」


センセイ「剣道なんかだと、脇構えや、八双の構えを取ると
       『それは邪道だからやめなさい。』という先生もいらっしゃる様だしね。
       第一『使えないよ、そんなの。』ってなっちゃう。」

ガラシャ1「何故使えないんでしょうか。」

センセエ2「根本的には腕で振っているからだと思うよ。
       足で床を蹴ってフットワーク的に間合いを詰めて
       『斬る』のではなく『打撃する』という事かな。
       でも、青少年の教育に良いとか、『昔のサムライの魂』を
       君達が是非引き継いでもらいたいみたいな事は言うんだよ。
       伝書のサムライの姿勢や構えを使えないって言っておきながらね。
       その辺りは本当にどうかと思う。

       研究心をかきたてずに、
       現代人の感覚で現代風の身体の使い方を土台に、
       そうした奥深い身体使いを否定してしまうというのは…。

       僕はそれこそが故人に対して失礼な事だと思うんだけどなあ。」

ガラシャ1「(笑)。センセエって剣道やってたんでしたっけ?」

センセイ「ハイ。やってました(笑)。

       『胸を張れェ!』って言われましたし、
       『正しい構えをしろ!』と教えられました。
       でも、どう考えてもこれは効率的とは言えないと……。」

ツルギ1「武士道は清く正しくというイメージが強いから、
       センセエの言う『効率を考える』という事が
       余計に邪道に見えるのかもしれませんよね。」


センセエ2「それはあるだろうね。
       でも何に対して『清く正しく美しい』のか。
       昔のサムライが真剣勝負を目の前に、『清く……』という事で、
       固く正しく構えていたら、斬られて死ぬという現実に対して
       どう向き合っていたのかという事。
       僕は別に剣道をやっている人達を責めるつもりは無いんだ。

       ただ、ここ百年足らずの間にルールの中で
       固まってきた姿勢なり動き方なりを、
       さも昔からあるのごとく言うのは困ったものだなと。
       実際僕らの世界でも、武士の動きを学ぼうとする
       俳優さんがどこかに習いに行くとなると、
       大体現代風アレンジの方を学んできちゃうだろ。

       教える側が、既にそういう現代風力みの世界で育っちゃって
       いるからなんだろうけど……。それが正しいというのは
       本当に納得出来ないよね。
       いくら衣裳を本格的にして、セットも昔風にしても、
       肝心の人間が皆現代人の動きでしかないから、
       『オイオイ……。ウッソだぁ~』ってなっちゃう。」

ガラシャ1「ああ…その辺ですよね。

       私達は虚構の世界の住人とはいえ、
       文化を伝えるという責任があるというのは。」


センセイ「そういう事です。
       『動き方』なんていうのは、場合によってはモノよりも
       大切な文化だからね。」




              つづく      ツルギ3
スポンサーサイト
[ 2011/04/10 00:00 ] 談話 | TB(-) | CM(-)
PICK UP!!
UP 
【技講座⑭構えのジャンル】コチラ
90

【技講座⑬沈身の半身】コチラ
84

【技講座⑫身体の各パーツの分離】コチラ
技83

【技講座⑪刀の握り】コチラ
技講座写真70

【技講座⑩半身歩法】コチラ
技講座写真65

【技講座⑨剣を使わない抜刀稽古】コチラ
技講座写真59

【技講座⑧肩の埋め込み】コチラ
49

【技講座⑦柔らかい胸と沈む腰】コチラ
技講座写真32

【技講座⑥抜き打ち(抜刀・横払い)】コチラ
技イラスト2

【技講座⑤手の平合わせ→水平面の移動】コチラ
技イラスト2

【技講座④水平斬り】コチラ
技イラスト2

【技講座③脱力の技、二】コチラ
技イラスト2

【サイムライダイエットエクササイズ2】コチラ
トモエさん(顔)

【サムライダイエットエクササイズ1】 コチラ
トモエさん(顔)

【技講座②脱力の技、一】コチラ
技イラスト2

【技講座①流れるように・・・】コチラ
技イラスト2
検索フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。