談話室『和太刀』

~立ち廻りから得られる身体のお得情報!~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第109回 「桶狭間定説のウソ!ウソ!ウソ!でござる!!」の巻

ガラシャさん
ガラシャ1
「前回は信長の有名な『桶狭間(の合戦)』についてのお話だったんですけど、当然今回はその続きという事ですよね。」


センセエ
センセエ2
「ウン。疑問を投げかけて終わってしまったからね。」


ツルギくん
ツルギ1
「信長がまわり込んで攻め下った訳じゃなくて、正面から突破して今川軍を打ち破ったとか。」


センセイ
「その方がツルギ君みたいな男の子からしたら大好物だろう? 正面突破なんて(笑)。」

ツルギ1
「ハイ。そりゃあもう(ニンマリ)。」

センセエ2
「前回も言ったけど、有名な『迂回奇襲戦法』っていうのは1899年に日本陸軍参謀本部が編集した『日本戦史~桶狭間役~』が定着させたものだからね。」

ガラシャ1 
「何でそんなこと言い出したんでしょう? ツルギ君じゃないけど、カッコイイからとか…?」

センセイ
「まあ、それに近いだろうね。何か高い所から駆け下りてくる奇襲戦法により大軍を倒すっていうのって誰かに似ていない?」

ツルギ1
「あ! わかった。義経だ! 一の谷の合戦の!!」

センセイ
「そういう事。でね、この陸軍参謀本部が参考にした江戸時代初期の儒学者、小瀬捕庵(おぜほあん)という人が書いた『信長記(しんちょうき)』という本にそんなエピソードが書かれているんだけどね。
ここで問題なのはその『信長記』ですら、迂回して奇襲を仕掛けたというエピソードはあるんだけれども、『太子ヶ根(たいしがね)』という高見から駆け下りたなんていう事は一言も書かれていないんだ。」

ガラシャ1
「あらら…じゃあ、段々ディフォルメされて、まるで義経の奇襲みたいになっていったというわけですか。」

センセエ2
「だろうね。『正面突破説』については、前回も言ったように、1982年に藤本正行氏が言っているんだけど、こちらが参考にしている『信長公記(しんちょうこうき)』は信長の側近だった人(大田牛一)が書いているわけで、信憑性としてはこちらの方がはるかに高い。」

ツルギ1
「なる程。」

ガラシャ1 
「センセエ、他にはどんな事がわかってきたとかありますか? 後に尾ひれがついていった事で…。」

センセエ2
「もちろん。これが調べるとたくさん出てくる出てくる。」

ツルギ1
「例えば?」


センセイ
「まず戦さの動機ね。これは天下を狙う今川義元が上洛途中にあった尾張を併合しようとして始まったと言われていたけど、『信長公記』にはそういう記述はない。だから近年では、隣接する領土につきものの勢力図争いが原因とされている。」

ツルギ2
「ふわぁ、そっからかよぉ。」

センセイ
「それから、兵力の差なんかも、だいぶディフォルメされていたりね。」

ガラシャ1
「そんなに差はなかったという事ですか?」

センセエ2
「イヤ、確かに大差はあったんだろうけどね。織田軍の中心部隊が2,000人前後、今川軍全体が2万5,000人くらいというのが最近の説だね。さっきの『信長公記』ですら20倍以上差があったなんて描かれているけどね。
まあ、一番問題になるのは、やっぱり奇襲したという場所だよね。『桶狭間』という名前の響きから、さも谷間のような場所を想像してしまったのではないかと言われているんだ。」

ツルギ1
「なる程…。『桶狭間』…ですからね。」

センセエ2
「最も信頼しても良い『信長公記』には、谷間ではなく『桶狭間山(おけはざまやま)』とある。」

ツルギ2
「何と!! 谷間ではなく『山』とな!?」



     談話イラスト107





センセイ
「ウン。今川義元が高い位置から、自分の前衛部隊と信長軍の戦いを見ていたという描写もあるんだよ。」

ツルギ2
「へぇ~え。」

ガラシャ1
「でもセンセエ、義元は高見から見下ろしていたという状況自体、随分有利に聞こえるんですけど、それが何故最後は手勢の少ない信長軍に討ち取られるハメになったんですかねえ。」

センセエ2
「うん。まあ当たり前だけどボクも見た訳ではないから、それは憶測に過ぎないんだけどね。
やっぱりその謎を解く一つのカギとしては、織田信長という類い稀な武将の勢いというか、人間力が影響していると言わざるを得ないだろうね。」

ツルギ1
「ウォ~ッ! きたきたぁ!! ボクの大好きなジャンルの話ですよ、そういうの。
つまり相手が大きければ大きい程、己の中のエネルギーを集めて爆発的な行動に出て、相手の方がビビッちゃうみたいな…。」


ガラシャ1
「あんたねぇ…そうは言ってもマンガじゃないんだから。」

センセイ
「イヤ、この事に関する限り、ツルギ君の言っている信長の魔人の様なヒーロー像はあながち作り話とも言えない所があってね。」

ツルギ1
「ほうらぁ(得意気に)。それを表している様なエピソードが残されているみたいな事ですかねェ、センセエ。」

センセエ2
「ウン。義元自ら率いる今川軍は5月18日に沓掛城(くつかけじょう)に入城した。
そして先鋒部隊として松平元康(徳川家康)と朝比奈泰朝(あさひなやすとも)を派遣し、大高城へ兵糧搬入と、鷲津(わしづ)、丸根(まるね)の両砦の攻撃を命じた。この尾張進行に対して信長はどうリアクションしたか!」

ツルギ1
「ウヒョ~、ワクワクするぅ!!」

センセイ
「それは又次回。」

ツルギ2
「ガクッ!!」








つづく    
スポンサーサイト
[ 2012/11/11 00:00 ] 談話 | TB(-) | CM(-)
PICK UP!!
UP 
【技講座⑭構えのジャンル】コチラ
90

【技講座⑬沈身の半身】コチラ
84

【技講座⑫身体の各パーツの分離】コチラ
技83

【技講座⑪刀の握り】コチラ
技講座写真70

【技講座⑩半身歩法】コチラ
技講座写真65

【技講座⑨剣を使わない抜刀稽古】コチラ
技講座写真59

【技講座⑧肩の埋め込み】コチラ
49

【技講座⑦柔らかい胸と沈む腰】コチラ
技講座写真32

【技講座⑥抜き打ち(抜刀・横払い)】コチラ
技イラスト2

【技講座⑤手の平合わせ→水平面の移動】コチラ
技イラスト2

【技講座④水平斬り】コチラ
技イラスト2

【技講座③脱力の技、二】コチラ
技イラスト2

【サイムライダイエットエクササイズ2】コチラ
トモエさん(顔)

【サムライダイエットエクササイズ1】 コチラ
トモエさん(顔)

【技講座②脱力の技、一】コチラ
技イラスト2

【技講座①流れるように・・・】コチラ
技イラスト2
検索フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。