談話室『和太刀』

~立ち廻りから得られる身体のお得情報!~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『雑!!演殺陣人達(ざっつ!!えんたてめんつ)』 22:ミュージカル!?(その1)

『雑!!演殺陣人達(ざっつ!!えんたてめんつ)』

 このコーナーは、和太刀主宰者・清水大輔の子役から始まり、
殺陣師になり、現在に至るまでに出会った人や出来事をかき集めて
バラバラに(思いつくままに)脱ぎ散らかしたエッセイ風の独白文です。






22:ミュージカル!?(その1)

学生の時に、例の殺陣のサークルに所属していた時の話。

同じ大学で、『ミュージカル研究会』というクラブがあった。
(あ、イヤ、今も健在である。殺陣を学ぼうとするよりも、ダンスに興味がある人間の方が今も昔も圧倒的に多いわけで、殺陣のクラブより所属人数ははるかに多かった)
大学の中でも有名なクラブでこれまでにも数多くの著名人を輩出している所であった。

そこは毎年6月に外公演を行っていた(6月公演=6公と呼ばれている)。
ウチ(殺陣)も公演は行っていたのだが、私の頃には年に2回、新歓(新入生歓迎公演)と芸術祭(いわゆる文化祭)の時に学内にある講堂を使って公演するのみだった。



私が大学3年の頃。ようやく芯(斬り役。斬られ役は『絡み』と呼ばれる。殺陣で使われる用語)として4月の公演でデビューし、後輩への指導にも慣れかけてきた時、その『ミュージカル研究会(以下『ミュー研』)』さんから合同公演の話が来た。

学校内の行事ではなく、外の舞台で合同でやりましょうというお話。アレ?と思った。
その時確か5月初旬だったので、ミュー研さんの6月公演と日程がかぶらないのかなと。

この相談を受けたのは私の一つ上の先輩。こういう上下関係の厳しいクラブでは『神様』と呼ばれる男性のYさん(4年生)だった。

フタをあけてみると、なる程と思った。つまりその外公演の話は本来ミュー研さんに来たものだったのだ。
だが6月公演があるので主な戦力はそちらに持っていかれている。
だから半ば引退状態のミュー研の4年生のMさんが演出し、6公に出演しないミュー研の人達で公演をする事になったが、心もとないのと、頼まれた芝居の内容が『活劇』だったので、そのMさんがウチのYさんを通して頼んできたというわけだ。

「一肌脱いでやってくれないかな。ぜひオマエに主役をやってもらいたいんだが・・・。」
Yさんが部室で私に言った。

 正直、意外だったが嬉しかった。何故主役が私なのだろう?

 だが、これも今考えれば何という事はない。
Yさんを含む4年生の先輩方は、学内では神様でも来年社会に出たらド新人。就職活動で外の舞台なんかやっているヒマはない。そのYさんとて、5月末には教員の資格を取るため、教育実習生にならなければならなかったので、稽古はそんなに出られなかった

 一、二年生はまだ『芯(斬り役)』としてのハウツーを知らない。

 三年生は私の同期がもう1人いたが、ちょうどその頃母親の体調がすぐれず、これも稽古の参加状況としては怪しかったのだ。私しかいないはずである。

 しかし、理由はともあれ、主役に抜擢されたのだから頑張らねばなるまい。しかし恐れながら私には一つ条件があった。

私「あのう、先輩、ミュー研さんから来た話って事は、そのお話は『ミュージカル』って事ですよね?」

Yさん「うん?そうだよ。あ、わかった。踊らされると思ってんの?」

私「あ、いやダンスはあったとしても頑張りますから。歌だけはカンベンしてもらえませんかね。」

 私は子役の頃、それなりに歌のレッスンを受けたり、CMソングを歌ったりした事もあった。
だから正直ヘタだとも思っていないが、とにかく人前で歌うという事は好きになれなかった。

 まして、日本のミュージカルというのは何か見ていて気恥ずかしくなってしまうという先入観のようなものもあり・・・(ベタな日本人顔の俳優が、トムだのマイクだのと呼ばれるのはどうも・・・と思っていた)。


 ざっつえんたイラスト22




Yさん「うん、いいよ。じゃあオマエの歌はカンベンしてやってくれって、オレからMに言っておくよ。」

私「ありがとうございます。」

ホッとした。これで肩の荷がおりたと思った。

Yさん「あ、そうだ。何か劇中で殺陣が15本以上あるってさ。1対1があったり、1対大勢があったり。
で、振り付けはオマエが自分でやってごらん。」

これには少々驚いた。私はつい一カ月前から芯として稽古をしたばかりの頃だったから、いきなり振り付けまで任されるとは・・・。
だがそんなものはいくらでも努力により克服しようと思った。気恥ずかしい歌さえ無いのなら・・・。

 だが私の淡い期待は裏切られた。

 稽古初日にミュー研のMさんと会って挨拶をすると、

「じゃあ、さっそく歌ってみようか。」

と優しい声で言われた。 
スポンサーサイト
[ 2012/06/27 00:00 ] ざっつえんた | TB(-) | CM(-)
PICK UP!!
UP 
【技講座⑭構えのジャンル】コチラ
90

【技講座⑬沈身の半身】コチラ
84

【技講座⑫身体の各パーツの分離】コチラ
技83

【技講座⑪刀の握り】コチラ
技講座写真70

【技講座⑩半身歩法】コチラ
技講座写真65

【技講座⑨剣を使わない抜刀稽古】コチラ
技講座写真59

【技講座⑧肩の埋め込み】コチラ
49

【技講座⑦柔らかい胸と沈む腰】コチラ
技講座写真32

【技講座⑥抜き打ち(抜刀・横払い)】コチラ
技イラスト2

【技講座⑤手の平合わせ→水平面の移動】コチラ
技イラスト2

【技講座④水平斬り】コチラ
技イラスト2

【技講座③脱力の技、二】コチラ
技イラスト2

【サイムライダイエットエクササイズ2】コチラ
トモエさん(顔)

【サムライダイエットエクササイズ1】 コチラ
トモエさん(顔)

【技講座②脱力の技、一】コチラ
技イラスト2

【技講座①流れるように・・・】コチラ
技イラスト2
検索フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。