談話室『和太刀』

~立ち廻りから得られる身体のお得情報!~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【上達の為の技講座】⑮表現としてのテクニック

前に『談話室 別室』の方に出張という形で
見世物としての間合い、
アングルを使ったトリックについて触れました。
コチラ



93


例えばこのように、芯(斬る側)が奥から袈裟斬りに絡み(斬られる側)を仕留めるといった時に、
より迫力を出すために遠近法のトリックを使う場合があるということです。

違う角度から見ると


  94


こんなに離れております。

舞台ですと、映像のようにカメラアングルが全てのお客様の目となるので、
ここまで間合いを離してしまうと、いくらなんでもバレてしまいますが(笑)、
それでもこうしたことは わりと頻繁にやっています。

例えば素手での喧嘩アクションなどの時でも、

アッパーパンチが下から突き上げるという時に



  95


より迫力…というよりマンガ的描写とでも言った方がいいかもしれないですね(笑)。

これも横から見たら



96



こんな時があります。


又、奥にいる絡みをまさに『殴り飛ばす!』という表現の時には、

そのまんまやると

97



こうなりますが、
あえてこのくらい離れてやってみますと



  98



アングルを変えればマンガの大きなコマのような絵になるんです。

ほら。


99





このように、
ディフォルメ(誇張)した方が、効果大な時を見極めるのも立ち廻りの重要な技術です。

アングル=視点により、見ている人にとっては、リアリティーを、
より深く感じられたりするもの。


人間は勝手な生き物ですから 目の前の出来事を自分の解釈として都合良く処理するので、
作り手が『ここをこう見てほしい。』という思いを表現として伝えるには
このようなテクニックは是非知っておくべきだと思いますが、
いかがでしょうか。

スポンサーサイト
[ 2012/04/11 00:00 ] 技講座 | TB(-) | CM(-)
PICK UP!!
UP 
【技講座⑭構えのジャンル】コチラ
90

【技講座⑬沈身の半身】コチラ
84

【技講座⑫身体の各パーツの分離】コチラ
技83

【技講座⑪刀の握り】コチラ
技講座写真70

【技講座⑩半身歩法】コチラ
技講座写真65

【技講座⑨剣を使わない抜刀稽古】コチラ
技講座写真59

【技講座⑧肩の埋め込み】コチラ
49

【技講座⑦柔らかい胸と沈む腰】コチラ
技講座写真32

【技講座⑥抜き打ち(抜刀・横払い)】コチラ
技イラスト2

【技講座⑤手の平合わせ→水平面の移動】コチラ
技イラスト2

【技講座④水平斬り】コチラ
技イラスト2

【技講座③脱力の技、二】コチラ
技イラスト2

【サイムライダイエットエクササイズ2】コチラ
トモエさん(顔)

【サムライダイエットエクササイズ1】 コチラ
トモエさん(顔)

【技講座②脱力の技、一】コチラ
技イラスト2

【技講座①流れるように・・・】コチラ
技イラスト2
検索フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。