談話室『和太刀』

~立ち廻りから得られる身体のお得情報!~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第133回 「盲目の小太刀使い登場でござる!!」の巻 

センセエ
センセエ2
「ここしばらくの柳生一族の話は一旦置いといて、今回から又様々な剣豪にスポットライトを当てていこうと思うんだけど。」



ツルギくん
ツルギ1
「イヤッタァ~!!…あ、別に『柳生話』に飽きた訳じゃないですからね!」




ガラシャさん
ガラシャ1
「どうかしら。前回の組太刀の心のやり取りの話題についていけてないみたいだったし…。」




ツルギ1
「だまれっ!!」



センセエ2
「はっはっはっは(笑)。大丈夫。ツルギ君もついてこられるように努力するよ。まずは富田五郎左右衛門勢源(とだごろうざえもんせいげん)なんかどうだろう。」



ツルギ1
「ム!?…さ、早速知らない。」

 


ガラシャ1
「中条流(ちゅうじょうりゅう)の富田勢源(とだせいげん)といえば、一説によると門下にあの佐々木小次郎がいたとか。」




ツルギ1
「エッ!?という事は佐々木小次郎の師匠!!ぬおお!!テンション上がるぅ~!あれ?小次郎の先生って鐘巻自斎(かねまきじさい)っていう人じゃなかったっけ?」



センセエ2
「うん。そういう説もあるけど、鐘巻自斎自身が中条流を学んでいたからね。
だから孫弟子だったのかもしれないね、小次郎は。その辺りの事は説が色々あるから正式にどうだったかは不明なんだけど…。」



ツルギ1
「なる程。」



センセエ2
「中条流は元々、南北朝時代に中条兵庫助(ちゅうじょうひょうごのすけ)により創始され、後に越前(現・福井県)朝倉家の家臣だった富田家に伝えられた。で、これ以後は富田家が中条流の宗家となる。」



ツルギ1
「勢源は富田家に生まれたんですね?」



センセエ2
「そう。戦国期に生まれたんだ。勢源は若くして中条流の奥義を極めて家督を継いだ。」



ガラシャ1
「天才だったんですね~。」



センセエ2
「そうらしいね。でも眼病を患って失明してしまったんだよね。」



ツルギ1
「アレレレ?じゃあ剣術の方は?」



センセエ2
「勢源は剃髪し、家督の方は弟の富田次郎左右衛門景政に譲った。でもここから『小太刀の勢源』 という名を全国に響かせるくらいに達人の道を突き進んだんだよね。」




   談話イラスト131




ガラシャ1
「ス、スゴイ。そうか、中条流と言えば小太刀が有名というイメージがありますもんね、何となく。」




ツルギ1
「盲目の小太刀の達人…。『小太刀の座頭市』みたい!!カッコイイ~!!」



センセエ2
「『トダ流』と発音する古流派の開祖にはいずれも『戸田』、『外他』とか、『晴眼(せいげん)』、『清玄』、『青眼』等の字がハメられているんだけど、これは皆『富田勢源』だと思われる。だから多くの流派でこの人は開祖とされているんだ。」



ツルギ1
「スゲエな~。盲目でありながら…。」



センセエ2
「すごいエピソードがあって、美濃の国(現・岐阜県)にいた時、国主の斎藤義龍(さいとうよしたつ)の命により、神道流の梅津某(うめづなにがし)という達人が勢源に挑戦したらしいんだ。」



ツルギ1
「ホォ~!達人二人の一騎打ちというわけですね。ワクワクしますね~!どうなったんですか?」



センセエ2
「勢源は皮を巻いた一尺二、三寸の薪でこの梅津某の相手をし、一撃で倒してしまったと。」



ツルギ1
「オワッ!!何と!!ツェェ~!!」



センセエ2
「勢源は最初断わったらしいんだけど、国主の命令でもあったし、相手がやる気満々だったんで仕方なく…という事らしい。」



ガラシャ1
「じゃあ基本的に好戦的ではなく、物静かな人だったんですかね。」



センセエ2
「中条流では兵法の事を『平法』と書くとある。『平らかに一生事なきを以第一とする』と『家の書』にあるんだけど、本質的には防御の剣法だからね。」



ガラシャ1
「この中条流って、剣術流派の二大ルーツの一つと言われているんですよね。(もう一つは念阿弥慈恩の興した『念流』であると言われている。)」



センセエ2
「そう。で、この中条流から勢源の『富田流』が興り、そこから『一刀流』が発展したと言われているんだ。」



ガラシャ1
「という事は、小次郎の『巌流』もその流れという事ですもんね。」









                  つづく  ガラシャ4
スポンサーサイト
[ 2013/10/28 12:00 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)

和太刀~上達の為の技講座~ 31「体捌きの多様性」

『体捌き』というものは、主には相手の攻撃を受ける際の対処、
又は相手との間合いをつめたり距離をとったりする時に使うものですが、
その運用法は様々で、刀を持っての構え方ひとつとっても『体捌き』が出来ているかどうかが関わってきます。

正眼の構えからするりと体を捌いて構えを変化させた時に
身体を捌くことが出来ていれば、
相手から見た時に刀の中に身体が隠れていて、スキのないものになり得ます。

技講座写真176

技講座写真177


稽古の中でこうしたことを養わないと、単純に半身の体制に変化しようと思っただけでは、
刀の握りもグルリと回ってしまい、身体の側面に刀が行って、相手からはスキだらけの体制になってしまいます。

足を動かす際にしっかりと腰や膝を開閉させ、
最短の直線を意識しないと中々上手くいきません。



素手においても攻撃をかわして関節をキメる動きなどに体捌きの有効性が見られます。

技講座写真178


技講座写真179


技講座写真180


団体により『基本稽古』の型は異なりましょうが、
身体を捌く技術を養うべき型を是非取り入れたいものです。
[ 2013/10/21 00:00 ] 技講座 | TB(-) | CM(-)
PICK UP!!
UP 
【技講座⑭構えのジャンル】コチラ
90

【技講座⑬沈身の半身】コチラ
84

【技講座⑫身体の各パーツの分離】コチラ
技83

【技講座⑪刀の握り】コチラ
技講座写真70

【技講座⑩半身歩法】コチラ
技講座写真65

【技講座⑨剣を使わない抜刀稽古】コチラ
技講座写真59

【技講座⑧肩の埋め込み】コチラ
49

【技講座⑦柔らかい胸と沈む腰】コチラ
技講座写真32

【技講座⑥抜き打ち(抜刀・横払い)】コチラ
技イラスト2

【技講座⑤手の平合わせ→水平面の移動】コチラ
技イラスト2

【技講座④水平斬り】コチラ
技イラスト2

【技講座③脱力の技、二】コチラ
技イラスト2

【サイムライダイエットエクササイズ2】コチラ
トモエさん(顔)

【サムライダイエットエクササイズ1】 コチラ
トモエさん(顔)

【技講座②脱力の技、一】コチラ
技イラスト2

【技講座①流れるように・・・】コチラ
技イラスト2
検索フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。