談話室『和太刀』

~立ち廻りから得られる身体のお得情報!~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第131回 「剣豪二人の御前試合でござる!!」の巻


ツルギくん
ツルギ1
「さあ、予告通り連也斎(柳生厳包)の伝説として語られているというお話にいきましょうか。」



センセエ
センセエ2
「うん、いこうか(笑)。『伝説』と言っても、おとぎ話みたいなものじゃないんだ。御前試合での事なんだけどね。」



ガラシャさん
ガラシャ1
「あ、それって江戸城で行われたヤツですよね。」



センセエ2
「さすがガラシャさん!その通りです。1651年に江戸城で開催された『慶安御前試合』に兄・利方と共に参加して、将軍家光に新陰流の燕飛(えんぴ)を上覧して…。」



ツルギ1
「あ、利方って前回出てきた正室の子で、本来は正統な後継ぎだった人ですよね。」



センセエ2
「そうだよ。よく覚えていたね。」



ガラシャ1
「でも連也斎…つまり厳包の方が実力的に上だというんで、家督は利方が受け継いだけれども、それ以外、剣術の方は連也斎が引き継いだのよね。」




ツルギ1
「何かそういう事だけ聞くと、その二人って絶対仲良くなかっただろうなんて考えちゃうから、『二人で上覧』したなんて聞くとホッとしますね。」



センセエ2
「ハハハハ(笑)。まあ子供じゃないしね。というか、利方からしても厳包(連也斎)という人は、認めざるを得ない程の実力者だったって事なのかもね。」



ツルギ1
「なる程~。」




ガラシャ1
「センセエ、前から新陰流の型になると出てくる、燕飛(えんぴ)之太刀って?」



センセエ2
「ああ。前に新陰流の組太刀(くみたち)の話の時に、三学円(の太刀)と九箇(くか)(の太刀)というのがあるって説明したことがあったよね。」



ガラシャ1
「ええ。流派の型というのは、その具体的な動きが有効かどうかよりも、大切な事はその動きがその流派の思想や概念を物語っているという事。三学円が『待』(ただ待つわけではなく、相手がそのように仕掛けてくるように待つ。)、九箇の太刀が『懸』(ただ懸かるわけではなく、その動きにより相手を誘う事も仕掛ける。)、でしたよね。」



センセエ2
「そう。で、燕飛の太刀は、その『懸・待、表裏』一連の動きを示すもの。この燕飛っていうのは、上泉信綱の師である愛洲久忠(あいすひさただ。号を移香斎という。陰流の始祖。)の『猿飛(えんぴ)』からきているっていう人もいるみたいだけど。」



ツルギ1
「え…っと。で、兄弟で将軍様の前で型を見せたと。それからどうなったんですか?」



センセエ2
「あ…。そうだった。その後、これも柳生の剣豪で知られる宗冬(むねふゆ…柳生宗冬。初代藩主・柳生宗矩の三男。江戸幕府第四代将軍・家綱の剣術師範を務める。)と木刀にて試合を行い、宗冬の拳を砕いて勝利したと言われているんだ。」



ツルギ1
「ゲ、ゲゲェ!!だって柳生宗冬っていう人も相当な剣豪なんですよね!?」




ガラシャ1
「そりゃあそうよ!」



センセエ2
「宗冬は、あの柳生三厳(十兵衛)から家督を継いだ、柳生藩大名となった人。」



ツルギ1
「はぁ~。でも拳を砕かれたっていうのは相当激戦だったんでしょうね。」



センセエ2
「その際に使われた木刀が、宗冬の血痕つきで尾張柳生藩に伝えられているらしいからね。」



ツルギ1
「オワ~!証拠品があるなんてスゲエ!!本物なんですかね?」



センセエ2
「ハハハ(笑)。それはボクにもわからないよ。でもね、柳生の印可を受けた人達の中には、二人が行ったのは試合ではなく組太刀で、その時に打太刀を務めた宗冬より、仕太刀を務めた厳包(連也斎)の動きが速すぎて、受け損じ、拳が傷付いたのではないかという人もいるらしい。今となってはどちらが本当なのかはわからないけど、二人の剣豪が、将軍の前で真剣に向き合ったというのは事実なんだと思うよ。優れた組太刀っていうのは、その型の中で真剣勝負そのものに変化し得るもの…それは普段色々な流派の組太刀を稽古している二人なら、わかるでしょ?」



ガラシャ1
「はい。型の中でのやり取りが虚構でない限り、場合によっては勝つ方(仕太刀)と負け役(打太刀)が変わってしまうという事も全然有り得る事だと思うんです。」




ツルギ1
「ああ…わかります。ボクもガラシャさんと組太刀をしていると、ボクが仕太刀だったのに、終わってみると逆転されている事なんてザラにありますもん。」




談話イラスト129




ガラシャ1
「それって別に、意地悪しているわけじゃないのよ。ちゃんとわかっているんだけど、『やり取り』を真剣にやったら型が逆転しちゃうのよ。ツルギ君、動く時に思念が出過ぎていて、身体が勝手にそれに反応しちゃうと逆になっちゃっているんだもん。」




ツルギ1
「……勉強になります。」








           つづく   センセエ(全身2)
スポンサーサイト
[ 2013/09/30 00:00 ] 談話 | TB(-) | CM(-)

第130回 「名刀妖刀籠釣瓶(かごつるべ)でござる!!」の巻


ガラシャさん
ガラシャ1
「前回、前々回は柳生シリーズの続きという事で、柳生兵庫助利厳(やぎゅうひょうごのすけとしよし)だったんですけれども…。」




ツルギくん
ツルギ1
「今回は何について話して頂けますか?」



センセエ
センセエ2
「そろそろ柳生一族から離れようと思ったけどね、やっぱり柳生厳包(としかね)を語らずしていくわけにはって思ってね。」



ツルギ1
「柳生…利厳が兵庫助の事で、厳包って…誰ですか?」



センセエ2
「きっとツルギ君も聞いた事あると思うよ。小説なんかでも有名な剣士の事だし。」



ガラシャ1
「柳生連也斎(やぎゅうれんやさい)の事ですよね、それって。」



センセエ2
「その通り。」



ツルギ1
「連也斎!!確かに聞いた事あります、それなら。」



センセエ2
「連也斎はね、あの有名な島左近(しまさこん)の末娘を母に持ち、父親は何を隠そう兵庫助その人です。」



ツルギ1
「オワアア!!サラブレッドじゃないですかぁぁ!!」




ガラシャ1
「私も少し知っています。新陰流第五世として有名ですよね。流祖・上泉信綱(かみいずみのぶつな)から石舟斎、兵庫助と続いた純粋な流れを受け継ぎ、新陰流を完成させたのは連也斎であるという説も…。」



ツルギ1
「そりゃあ知らなきゃアウトな人ですね。何か有名なエピソードってありますか?」



センセエ2
「まあ慌てないで。連也斎が生まれたのは寛永2年(1625年)。幼少の頃から才能に恵まれて、兵庫助の高弟・高田三之丞より剣術を指導される。」



ガラシャ1
「英才教育というやつですね。」



センセエ2
「うん。当初は正室の子であった異母兄の柳生利方が後を継ぐ事になっていたんだけど、連也斎の才能がスゴイというので、利方をさしおいて流派を継承する事になったという。」



ツルギ1
「エ~ッ!?正室の子をさしおいて?…何か可哀想だなあ、利方という人の方は…。」



センセエ2
「もっとも、尾張柳生の家督の方は、利方のほうに譲られたわけだけどね。そのくらい優れていたから『尾張の麒麟児(きりんじ)』なんて異名をとった人で…。」



ツルギ1
「うわぁ、カッケェェ!!強かったんだろうなあ。」



センセエ2
「愛刀は肥後守泰光代の作で、その形状から籠釣瓶(かごつるべ)なんて言われていたんだけど、他にも泰光代に一尺四寸の片切刃鎬造(かたきりばしのぎづくり)の脇差を特注した。この脇差を使って連也斎は就寝中に襲ってきた刺客を片手斬りにしたという。」



ツルギ1
「ね、寝ている所を襲われたのに片手斬りで!?」



センセエ2
「そう。だからこの脇差は『柳生の鬼包丁』なんて異名がある。」



ツルギ1
「鬼包丁…。コ、コワ!!…でもやっぱりスゲエ。」




ガラシャ1
「先程出た籠釣瓶という刀、歌舞伎なんかにも出てきたりしますよね。名刀…いや妖刀として。」



談話イラスト128





センセエ2
「ああ。明治時代に描かれた(設定は江戸時代だけど)、田舎者の次郎左衛門と遊女八ツ橋(美女)の物語ね。そうだよ、八ツ橋が最後に斬り殺される刀がこの籠釣瓶です。」



ガラシャ1
「すみません、お話がそれちゃって…。」



センセエ2
「イヤイヤ、脱線は大切です(笑)。で、他にも連也斎は主君(徳川光友)の命により、初心者のための剣術の訓練法なんかを開発したりしたんだ。
後進の育成…つまり新陰流の発展のためにスゴク力になった人として有名です。何せ連也斎の後、尾張柳生は尾張藩の兵法指南役として明治維新まで続いたんだから、連也斎の功績は本当に大きなものだよね。」



ガラシャ1
「組織の継続に努力しすぎたのか、連也斎は生涯独身だったんですよね。」




ツルギ1
「エ!?そうなの?アチャー。クソマジメな人だったんですね。」



センセエ2
「ガラシャさんの言う通り。死後は連也斎本人の遺言により、その遺骨は熱田沖の海上に撒かれたと言われている。」



ツルギ1
「ウォー!古武士やのお!!何かその武骨さがステキ!!」



センセエ2
「はははは(笑)。ツルギ君、お気に召したようだね。
次回は連也斎の伝説として言われているエピソードについてもう少し話そう。」






つづく   センセエ4
[ 2013/09/23 00:00 ] 談話 | TB(-) | CM(-)
PICK UP!!
UP 
【技講座⑭構えのジャンル】コチラ
90

【技講座⑬沈身の半身】コチラ
84

【技講座⑫身体の各パーツの分離】コチラ
技83

【技講座⑪刀の握り】コチラ
技講座写真70

【技講座⑩半身歩法】コチラ
技講座写真65

【技講座⑨剣を使わない抜刀稽古】コチラ
技講座写真59

【技講座⑧肩の埋め込み】コチラ
49

【技講座⑦柔らかい胸と沈む腰】コチラ
技講座写真32

【技講座⑥抜き打ち(抜刀・横払い)】コチラ
技イラスト2

【技講座⑤手の平合わせ→水平面の移動】コチラ
技イラスト2

【技講座④水平斬り】コチラ
技イラスト2

【技講座③脱力の技、二】コチラ
技イラスト2

【サイムライダイエットエクササイズ2】コチラ
トモエさん(顔)

【サムライダイエットエクササイズ1】 コチラ
トモエさん(顔)

【技講座②脱力の技、一】コチラ
技イラスト2

【技講座①流れるように・・・】コチラ
技イラスト2
検索フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。