談話室『和太刀』

~立ち廻りから得られる身体のお得情報!~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『雑!!演殺陣人達(ざっつ!!えんたてめんつ)』 29:N君の想い出

『雑!!演殺陣人達(ざっつ!!えんたてめんつ)』

 このコーナーは、和太刀主宰者・清水大輔の子役から始まり、
殺陣師になり、現在に至るまでに出会った人や出来事をかき集めて
バラバラに(思いつくままに)脱ぎ散らかしたエッセイ風の独白文です。






29:N君の想い出

まだ私が子役として働いていた時の事。

あるヒーロー番組でレギュラーになった私。
『レギュラー』というのは確かに名誉な事だが、おかげで学校を(仕事のため)休みがちになるので、
勉強が他の子からガンガン遅れて、親は担任に呼び出される始末。
担任「こうなる事はわかっていたから・・・だから必死に勉強喰らいついて頑張るんじゃなかったの!?」
その通り。それを言われては何も言い返す事は出来ない。
当時、毎日の様に朝早くから夜遅くまで撮影していたので(正式には小学生が夜中まで仕事したらダメなんだけど・・・。当時は規制も甘かったんだと思う。)
終わってから勉強しようと思っても襲ってくる睡魔にはどうしても勝てず、
みるみる落ちる成績と冷たくなる親の態度。
撮影の休憩中も、いつの間にかふさぎ込んでしまうようになっていた私であった。

すると共演していた同じ子役のN君が、「どうしたんだ?オマエ。」と声をかけてきてくれた。
その番組ではレギュラーの子役が私を入れて5人いた。
主人公である正義のヒーローから黄金のバッヂを渡されていて、
悪の組織に自分達が追いつめられたり、ピンチになったりすると、5人のバッヂを合わせる。
するとそこから上空にビームのようなものが発射され、それを見たヒーローが救出に現れるという設定の番組だった。

N君は子役の中で一番年上の中学1年生(当時私は小学校4年生)だったが、
子役グループの中で一番身長は小さかった。
小さくて、休憩中もいつもハネ回り、大人の俳優やスタッフにイタズラをしたりしていて、おしゃべりはマシンガンのような早口でまくしたてる様な元気なヤツだった。
イタズラをして、「こらっ。N君!!」とスタッフに怒られてばかりいたが、何故か憎めないヤツだったので大人にも好かれていた。
私は結構人見知りするタイプだったので、そんなN君がちょっぴり羨ましかった。
仕事の方も要領良くこなしていたN君に対して、私は動きも少々トロく、NGを連発してみんなに迷惑をかけていた。
当然監督さんにも怒られ、他のスタッフにも白い目でにらまれた。
「あ~あ、またかよォ!オマエ、ただでさえトロいんだからさ、もっと集中しないと・・・。
クビにするぞ!!子役なんて他にも大勢いるんだからな。オマエよりもっと優秀なヤツがさ~。」
とか、そんな事を言われた。
じゃあその優秀な子役に頼めばいいさと私は心の中で言い返し、半ば自暴自棄気味になっていた。
どうせこのままでは又NGの連発である。
だったらNGを出さずにすんだ方がみんな喜ぶし、撮影もスムーズに進むというものだ。
などと考えながら、昼間のロケの休憩中、広場の隅に置いてあったドラム缶にもたれかかって座り、足下の草をむしっていた。
そんな私に声をかけてきたのがN君だった。

N君「オマエ、メシ食いに行かねェのか?」
私 「イイよ。別に腹へってないもん。」
N君「オマエ最近元気ないな。何かあったのか?」
私 「別に・・・。」
N君「オマエ、レギュラーって初めてか?」
私 「ウン、まあ・・・。」
N君「ふーん、じゃあどうせ学校の成績落ちて親に怒られたりしたんだろうな。」

私は目玉が飛び出る程ビックリした。
そんな事一言も口に出していないのに、落ち込んでいる原因をピタリと言い当てられてしまったのだ。

N君「やっぱりな・・・。あのさ、オマエこの仕事好きなの?」
私 「エ・・・?エーッと・・・まあ、嫌いじゃないけど。」
N君「じゃあさ、別に学校の勉強が少しくらい出来なくたって、元気出して仕事しなきゃあ。
学校と違ってギャラもらって仕事してるワケだしさ。
それに嫌いじゃないなら・・・好きなことやってるって思ったら学校の勉強より今はこれを大事にしようぜ。
学校もダメでこれもダメじゃホントにダメな奴になっちゃうぞ。お母さん悲しませるなよ。それに画面の向こうのお客さんに失礼だろ?」
   
私は普段と違って真面目なN君の物言いに驚いた。
それに多少強引なところはあるものの、「確かにその通りだ。」と思った。
するとN君が、

N君「ゴメンな、説教しちゃって。実はさ、今日お金持ってくるの忘れてさ、130円しかないの、オレ。
スタッフにも言いそびれちゃってさ。メシ代貸してくんない?それでオマエに声をかけたの。ヘヘヘヘ・・・。」
私 「はあ?・・・あ、別にいいけど。へへへへ。」

私は面食らってしまったが、いつの間にやらN君のペースに巻き込まれ、気がつけば元気を取り戻してした。
それから2人でカレーを食べに食堂に出かけた。




ざっつえんたイラスト29





あの時、N君は本当にお金を忘れたのだろうか。
それとも私を元気づけてくれたテレ隠しに、そんなウソをついたのだろうか。
今となっては知る由もないが、不思議なヤツだったなぁと今も時々N君の事を思い出す。





スポンサーサイト
[ 2013/02/25 00:00 ] ざっつえんた | TB(-) | CM(-)

第117回 「剣聖登場でござる!! その④」 の巻


ツルギくん
ツルギ1
「いやあ、これまで剣豪・塚原卜伝の人生を3回にわたって振り返ってきたワケですけど、濃い~人生ですねェ。」




ガラシャさん
ガラシャ1
「人生の大半を廻国(=旅)して過ごしていたりするから、人との出会いが多いのかもネ。」



センセエ
センセエ2
「それは言えるね。まわりを取り囲む人材は豊富だよね。第3回目の廻国は弘治2年(1556年)からなんだけど、この時は『塚原卜伝』という名前を自ら名乗り、各地の重要な大名を訪れたりしているからね。」



ガラシャ2
「ああ、その中に第13代将軍、足利義輝とか北畠具教(きたばたけとものり)とかがいたわけですね。」




センセエ2
「うん、パトロン探しに優れていたんだよ、卜伝先生は(笑)。」



ツルギ1
「生きるのがちょっと不器用なタイプの宮本武蔵とは又全然違いますネ。」



センセイ
「そうだねェ。他にもこの旅の途中に弟子になった人物を調べると、今川氏真(いまがわうじざね)、山本勘助(やまもとかんすけ)、足利義昭(あしかがよしあき)、武田信玄(たけだしんげん)等…。」



ツルギ1
「た、武田信玄公にまで…!!」



センセエ2
「常陸国(茨城、千葉あたり)に入ってからも、諸岡一羽(もろおかいっぱ)、真壁氏幹(まかべうじもと)、斉藤伝鬼房(さいとうでんきぼう)、林崎甚助(はやしざきじんすけ)とかに教示している。」



ツルギ1
「スッ…ゲエ!林崎甚助って、あの抜刀術(居合術)で有名な人ですよね。」




ガラシャ1
「諸岡一羽だって確か『一羽流』というのを起こした名人よ。
あ、でもセンセエ、卜伝先生の人生の中でよく話に出てくる…というか、一般的には有名なお話がありますよね。鍋蓋(なべぶた)試合…。」




ツルギ1
「ナベブタ?…あっ、そうか、それ知っている!塚原卜伝が鍋蓋を使って乗り込んできた天下の宮本武蔵の剣を止めたとかかわしたとか!!」



談話イラスト115[1]






ガラシャ1
「それ、やっぱり創作なんでしょうか?」



センセイ
「ウン、まあね。創作でしょ。」



ツルギ2
「なあんだ、やっぱり…。何か面白くないなあ。」



センセエ2
「まあでも、武蔵と卜伝、天下の剣豪二人がまみえたなんて、まさに創作としては盛り上がるよね。でも実質無理です。武蔵が生まれたのは卜伝が亡くなってから10余年たってからだから…。卜伝が生きている時、武蔵はまだこの世に生れていない(笑)。」



ツルギ1
「それじゃあ絶対に無理です(笑)。」



センセエ2
「でもエピソード自体は元になったらしいものもあるんだ。卜伝先生が第3回目の旅から帰省したのは永禄9年(1566年)。つまり足掛け10年に及ぶ旅だった。で、妻の墓と塚原城の中程に小さな草庵を立てて住んだと言われている。」



ガラシャ1
「妻!?卜伝先生って奥さんがいたんですか?」



センセエ2
「うん。生涯でただ一人の女性だった妙(たえ)という人がね。卜伝45歳の時に結婚してそれから10年程して奥さんは病死したらしい。」



ツルギ1
「う~ん。剣の道に女性の道…欲しいものは全て手に入れたんだ!!」



センセエ2
「で、この草庵の近くに弟子の松岡兵庫助(まつおかひょうごのすけ)が住んでいたらしいんだけど、この邸内で死去したとある。83歳だった。」



ツルギ1
「83歳か。この時代にしては長く生きた方ですね。」




ガラシャ1
「松岡兵庫助って後に家康に『一の太刀』を教えた人ですよね。」



センセイ
「そうです。よく覚えていたね。それでね、この草庵に住んでいる時の弟子が先程も名前が挙がった、林崎甚助、斉藤伝鬼房等なんだけど、ある日一人の武士が教えを乞いにやってきて、その人に鍋蓋で相手をしたらしい。で、その武士がたまたま『宮本』姓だったとか…。」



ガラシャ2
「なる程。それで、どうせなら『宮本武蔵だったら話が盛り上がるな~。いっそ武蔵にしちゃえ!』と後世の人がつくったという訳ですね。」




ツルギ1
「何かわかるなあ、その気持ち。それに武蔵の剣を止めたというなら塚原卜伝の株も上がるしなあ。良い売り込みですねぇ。」




ガラシャ1
「センセエ、因みに林崎甚助は居合の達人として有名ですけど、斉藤伝鬼という人は?」



センセエ2
「斎藤伝鬼房という人は後に天流剣術というのを創った人でね、天皇の前で演武したこともある人だ。弟子をかばって全身に矢を受け、38歳で死亡したという記録がある。」



ツルギ2
「ウッ!!弟子をかばって全身に矢を…。何か泣ける話ですねえ。」




ガラシャ1
「弁慶のような人ですね。それにエピソード自体、まだ世の中が戦乱だったということがわかるわ。」



センセエ2
「そうだねぇ。」



ガラシャ1
「アッ!最後にちょっといいですか?ツルギ君、アンタ、ホントに人の話を聞いていないっていうか、記憶力が無いっていうか!!」




ツルギ1
「な、何だよ、イキナリ!?」




ガラシャ1
「鍋蓋試合がフィクションだったって話、この談話室ブログの第51回目でもう既に出てるからねっ!」




ツルギ2
「エエ~?そうなの?だってその質問したのガラシャさんじゃないか~!!」




ガラシャ2
「フッ…。試したのよ、アンタを…(笑)。」




ツルギ2
「ギャオオ!(泣)」









                            つづく       ツルギ4
[ 2013/02/18 00:00 ] 談話 | TB(-) | CM(-)
PICK UP!!
UP 
【技講座⑭構えのジャンル】コチラ
90

【技講座⑬沈身の半身】コチラ
84

【技講座⑫身体の各パーツの分離】コチラ
技83

【技講座⑪刀の握り】コチラ
技講座写真70

【技講座⑩半身歩法】コチラ
技講座写真65

【技講座⑨剣を使わない抜刀稽古】コチラ
技講座写真59

【技講座⑧肩の埋め込み】コチラ
49

【技講座⑦柔らかい胸と沈む腰】コチラ
技講座写真32

【技講座⑥抜き打ち(抜刀・横払い)】コチラ
技イラスト2

【技講座⑤手の平合わせ→水平面の移動】コチラ
技イラスト2

【技講座④水平斬り】コチラ
技イラスト2

【技講座③脱力の技、二】コチラ
技イラスト2

【サイムライダイエットエクササイズ2】コチラ
トモエさん(顔)

【サムライダイエットエクササイズ1】 コチラ
トモエさん(顔)

【技講座②脱力の技、一】コチラ
技イラスト2

【技講座①流れるように・・・】コチラ
技イラスト2
検索フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。