談話室『和太刀』

~立ち廻りから得られる身体のお得情報!~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『雑!!演殺陣人達(ざっつ!!えんたてめんつ)』 28:地獄のウルトラセブン

『雑!!演殺陣人達(ざっつ!!えんたてめんつ)』

 このコーナーは、和太刀主宰者・清水大輔の子役から始まり、
殺陣師になり、現在に至るまでに出会った人や出来事をかき集めて
バラバラに(思いつくままに)脱ぎ散らかしたエッセイ風の独白文です。






28:地獄のウルトラセブン

 今から20数年前の話。これまでにも述べてきた通り、私はスーツ・アクターと呼ばれる仕事をしていた。
(その当時はそんな呼び方されていなかったのだが・・・。)
つまりはヒーロー物のスーツを着てアクション・ショー等をしていたというワケだ。
仮面ライダーシリーズ、戦隊物から「ゲゲゲの鬼太郎ショー」から「ガンダムショー」まで、
多種多様なスーツを着てアクションをこなしていたワケだが、
中でもシンドかった・・・イヤ、大袈裟ではなく『死の一歩手前』の経験をしたのが
『ウルトラセブン』のショーだった。
私自身、幼少の頃、『ウルトラセブン』と言えば、憧れの存在だったので、
それを自ら演じる日が来たというのは、多少なりともワクワクしていた様に記憶している。
それがあんな事になろうとは・・・。

 御多分にもれず、この手の仕事というのはすべからくキツイ。
スーツの中では汗グッショリというのはおわかり頂けると思うが、
スーツによっては視界がとても不明瞭なため、相手役はほとんど見えず、
カンでアクションをせねばならない事態になるなど、日常的に起きる事である。
ウルトラシリーズのヒーロー達も、スーツを着るとほとんど地面(自分のすぐ足下)しか見えない様な所にしか『のぞき穴』は開いていない。
それに素材が、いわゆるダイバーのスーツに近いものだから、体にパツパツに張りついてしまって、
とても一人では着られない。イヤ、例え人に手伝ってもらったとしても・・・。
だからまず裸にベビー・パウダーをふりまき、ウルトラセブン(スーツの)をうつ伏せに寝かせて背中のジッパーを開き、自分もうつ伏せなって、徐々にスルスルと入っていくという、誠にメンドくさい手法で着込んでいく。
そしてえっちらおっちらと立ち上がり、人に背中のジッパーをしめてもらうという具合である。
ヒーローの身体にシワが入っているのはとても格好がつかないのは理解出来るが、
それにしてもパツパツに張った状態で、着ているだけでも全身がシメつけられる。
昔、ウルトラシリーズをTVで観ている時、片腕を上に上げてもう片腕を腰元にもってくるような、

いわゆるベタなヒーローポーズをやる時、ヤケに勢いをつけてやっている様に感じられたのも、
自分が着てみて何故だかわかった。
勢いをつけて反動を使わないとシメつけが強いため、腕が伸びないのである。
だからウルトラヒーロー達は自分の出番がくるまでの待機中は、身体の各関節を伸ばすのもシンドイため、
猫背でぐったりとしている。まるで老人の様に。
で、頭には手拭いを巻く。今は面下(下面ともいう)という覆面レスラーの顔のところがポッカリ開いているものが用意されているものだが、当時は持参のタオルを頭に巻いてスーツを着ていたものである。
(ただし、戦隊モノやらライダーにはちゃんと下面があったので、ウルトラシリーズだったから?であろうか。それは不明である。)
で、タオルの巻き方が甘いと、スーツを着た途端にちょっと動いたらスルリと取れてしまう。
すると、したたり落ちる汗で余計に視界が・・・、イヤそれどころではない一大事が起きてしまう事があるのだ。

その日の私がまさにそれ。
タオルの巻き方が甘く、時間をかけてスーツを着込んだ時にはもう中でタオルが取れていた。
で、そんな事に構ってはいられないから、「ジュワッ!!」と格好良く出撃。
怪獣役の仲間と真夏の照り付ける太陽の下、ゼエハア言いながらアクションをこなした。
もう一つ、この(ウルトラ)シリーズのスーツのやっかいな所は、呼吸をする為の穴等、一切開いてない事。
先程説明した小さなのぞき穴からわずかに入る空気だけが頼りなのである。
だからアクションが終わったら早々に裏に戻り、ジッパーを下げて(これまた苦労して)顔を「プハーッ!!」っと出さないと、ホントに窒息寸前になるのだ。
ましてやその時の様な炎天下ではなおさらである。
で、窒息寸前の私は裏に戻り、ジッパーを下ろしてもらおうとしたのだが・・・。
下りない!!何と中でタオルがほどけて落ちていたため、髪の毛がジッパーにかんでしまっていたのである。
もうこうなるとパニックだ。
仲間2人が必死にジッパーを下ろそうとするのだが、思いのほか大量の髪の毛が絡んでいたらしく、全くジッパーが下りない。
当然、髪の毛が引っぱられて痛いはずだったが、そんな事よりも呼吸が出来ない苦しさといったらなかった。
人間、息が出来ないと余計にパニックになり大量に息をしようと思うもので、もう気が狂いそうになってきた。
何せ、いましがたまで激しく身体を動かしてきたばかりだから尚更である。
MC(司会)の女の子の、「私、ハサミを借りてきます!」という声が聞こえたが、その時はもう意識が遠くなりかけていた。
「こんな所で死ぬかもしれない・・・。ウルトラセブンの中で・・・。」と、うすれる意識の中で思ったりした。


 ざっつえんたイラスト28






ジョキ! ジョキ!・・・・・・!! 
どのくらいの時が経過したのか。私は自分の髪の毛が大量に切られる音で我にかえった。
そう、MCの女の子が借りてきたハサミのおかげで、大量に後頭部の髪の毛を失ったかわりに、何とかセブンから脱出成功出来たのである。
「大輔さん!! 大丈夫ですか!?」と仲間に声をかけられたが、返事なんか出来たものではない。
10分位の間、とにかく「ヒー、ハァー。」と呼吸を繰り返し、ようやく落ち着いた私。

その日の仕事帰り、後頭部付近の髪の毛だけ短くなった私が、
似合わないキャップを買ったのは言うまでもない。


スポンサーサイト
[ 2012/10/28 00:00 ] ざっつえんた | TB(-) | CM(-)

第107回 「全身作業で弓を引くでござる!!」 の巻

ツルギくん
ツルギ1
「センセエ、前回のお話で昔の『戦場』にも女性はいて、男と同じ…イヤ、場合によっては食べ物の確保や略奪においては男性の武士よりも活躍していた可能性のある事がボクにもよくわかりました。
イヤ~、思い込みって怖いですよね。これまでの定説めいた話、つまり女性が戦場に兵士としてはいなかったって、すっかり信じていました。」


ガラシャさん
ガラシャ1
「う~ん。でもそういう仕事が女性の方が向いているというのは何となくわかる気もするんだけど、果たして本当にそれだけだったんでしょうか。やっぱり『戦闘力』という点では劣るという事なんですかね?」


センセエ
センセエ2
「イヤ、全部が全部そういう事にはならないと思う。まあ、何事もそうだと思うんだけどさ、『これは絶対にこうである。』という事の方が少ないんじゃない? まさに『人による』んだと思うけどね。男より優れた女がいるなんて、よくよく考えたら普通でしょ?
話を源平時代にちょっと戻して例を挙げるとすれば、例の坂額御前(はんがくごぜん)なんかもそうだけど、
地方によっては女性も若い頃から戦闘訓練を受けていたなんていう例はあるわけでね。
そういう訓練を受けた女兵士だったら、戦さの時だけ農耕具を刀に持ち替えて参加している雑兵の男性なんか、ひとたまりもないのは明白だよね。」

ツルギ1
「なるほど…。まあ和太刀を見てもそれはわかりますものね。」


ガラシャ1
「チョット!! 何で私を見るのよ!!」


ツルギ2
「イヤ! そんなつもりは!! ウッ!!(ツルギ君、ガラシャさんに当て身をくらわされる。)ホラ…ね。」


センセエ2
「それから前回絵図の話になった時に真正極楽寺(しんしょうごくらくじ)に乱入した武将達の中に女性らしき人物がいるなんていっていたけど…。」

ガラシャ2
「『真如堂縁起絵巻(しんにょどうえんぎえまき)』という絵でしたよね。」


センセエ2
「そうです。それからもう一つ、観応(かんのう)2年(1351年)作の『慕帰絵(ぼきえ)』(西本願寺蔵)なんかにも武者姿ながら髭がなくて長い髪を束ねた、どう見ても女性らしき人物が描かれている。もうその格好は完全に男と同じ戦闘スタイルだからね。」

ツルギ2
「ゲホッ、ゲホッ。う~ん、いよいよこれは本格的ですね。」


ガラシャ1
「でもセンセエ、昔の戦さの重要な武器の一つである『弓』なんかの事を考えると、やっぱり力に劣る女性は無理だったという研究者が多いと聞いたんですが。」


センセイ
「オヤオヤ(笑)。これはいつものガラシャさんらしくないね…。
確かに日本の弓はそのしなり具合が他の国のものよりも少ないため(材料が原因する)、弓そのものを長くする必要があったから、昔の合戦で使用されたものなんかは身長をはるかに上まわる長さのものも珍しくなかった。
で、これを引き絞るとなると、並大抵の力では無理なんだよね。だから現代人の中で弓道をそこそこやっている人なんかでも、戦国時代の弓なんか持たされたら引くことすら出来ないものが多いんだよ。」

ツルギ2
「うひゃ~!! 身長よりはるかに長いって…。じゃあどの道、力(ちから)、つまり筋力で弓を引くというのは無理ですよね。」


センセイ
「そういう事だよ。腕力なんかでいくら頑張ってもどうにかなるレベルじゃない。
実際に和弓(わきゅう)で矢の距離を競う競技って現在でも行われているんだけど、優勝者はせいぜい飛距離は2百数十メートルにすぎない。
ところが昔の『日置流(へきりゅう)弓目録』というものには(明治以前のもの)四町を飛ばしたとされる射手のことが書かれていたりする。」

ツルギ1
「“四町”って、どのくらいですか?」


センセイ
「432メートルだよ。」

ツルギ2
「ギャア~!! 432メートル!? なんちゅうことだ!!」


センセエ2
「すごいよね。で、これだけ飛ばせるというのは身体操作法の問題というのが大きいと思うんだ。
表面上の筋力ではなく、身体の中、つまりインナーマッスルを使い、さらに身体の中心から全パーツの作業を行えてはじめてそれだけ飛ばせると思うんだけど。」


談話イラスト105
 


ガラシャ2
「それには同感です!! あっ、そうか。つまり筋力やパワーで女が男より劣っていたとしても、作業自体がそういうパワー主体じゃないわけだから、結局男も女も関係がないということですね。」


センセエ2
「そう、大切なのは身体の使い方であって、『力』の作業ではないから、『優れた弓術』というのが男だけだというのは違うと思うんだよね。」

ツルギ1
「なる程~。」


センセイ
「稽古の時によく身体を開く動きで剣を真向に抜くでしょ? あれなんかもそうだけどさ。
内転筋、つまりインナーマッスルの働きは確かに大切なんだけど、結局刀一つ抜くのにも全身を総動員しないとイケナイわけでしょ? 『骨(格)でとらえる』というかさ。まさに『身体そのものの働き』だよね。」

ガラシャ1
「あ~、言われてみると弓を引いた時の身体の張り具合というんですかね、あれって刀を半身に身体を開いて真向に抜く時の体勢に似てますよね。」


センセエ2
「うん、そうでしょ? じゃあ、戦国時代に使われていた弓を引いてみろと言われてもすぐには無理なんだけどね(笑)。それぞれの武器には確かにその武器特有の難しさがある。
でも元を正せば『全身を使いきる』という作業をどれだけ実行出来るかなんだよね。そうじゃなきゃ昔の弓術書に記されているみたいに432メートルも飛ばす事なんか到底無理な話です。」

ガラシャ1  ツルギ1
「ナットクです。」









               つづく       ツルギ4
[ 2012/10/21 00:00 ] 談話 | TB(-) | CM(-)
PICK UP!!
UP 
【技講座⑭構えのジャンル】コチラ
90

【技講座⑬沈身の半身】コチラ
84

【技講座⑫身体の各パーツの分離】コチラ
技83

【技講座⑪刀の握り】コチラ
技講座写真70

【技講座⑩半身歩法】コチラ
技講座写真65

【技講座⑨剣を使わない抜刀稽古】コチラ
技講座写真59

【技講座⑧肩の埋め込み】コチラ
49

【技講座⑦柔らかい胸と沈む腰】コチラ
技講座写真32

【技講座⑥抜き打ち(抜刀・横払い)】コチラ
技イラスト2

【技講座⑤手の平合わせ→水平面の移動】コチラ
技イラスト2

【技講座④水平斬り】コチラ
技イラスト2

【技講座③脱力の技、二】コチラ
技イラスト2

【サイムライダイエットエクササイズ2】コチラ
トモエさん(顔)

【サムライダイエットエクササイズ1】 コチラ
トモエさん(顔)

【技講座②脱力の技、一】コチラ
技イラスト2

【技講座①流れるように・・・】コチラ
技イラスト2
検索フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。