談話室『和太刀』

~立ち廻りから得られる身体のお得情報!~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第101回 「首はどこにいったでござる!!」 の巻


ガラシャさん
ガラシャ1
「エー、ここ3回はちょっと義経に触れているんですけど、どうしましょうか。
この談話室のコンセプト的に、あまりスポットが当たらない武将の話をしようという事だったんですが、義経って結構ベタなところになっちゃった(笑)。」


ツルギくん
ツルギ1
「だけど前回は『義経北行伝説』や『成吉思汗説』のウソというか創作の話になって、ボク的にはショックだったけど面白かったなあ。」


センセエ
センセイ
「そう言ってもらえると嬉しいね。」

ガラシャ1
「私的には『北行伝説』や『ジンギスカン説』の創作はある程度わかっていたつもりなんです。
だけど屋島の戦いにおいての梶原景時(かじわらかげとき)と口論したのも実は創作で、ちゃんと連携プレーをしていたというエピソードの方が驚きました。」


センセイ
「いつの時代も義経みたいなミステリアスで美しいと言われていたようなヒーローというのは脚色されるものだよ。
よりその人生をドラマチックに仕立て上げられる。だけど現実は『奇襲』だと言ったってね、いくら天才でも思い付きで打ち破れる程甘くはないからね。敵方だってそれなりに警備しているわけだから。」

ガラシャ1
「そうですよね。で、我々みたいな立場の者はそういう創作や事実であろう事の両面を把握しておく必要があると。で、そこから又新しく創作するためのイマジネーションを浮かべるというか。」


センセイ
「そうだね。そろそろそういう努力をしてもいいと思うんだ。じゃないと皆が昔創作したものを事実としてそこからデフォルメしたりしているからパターン化しちゃっているよね。前にも談話室で出たけど、織田信長のドクロ酒のウソとかさ(笑)。」

ガラシャ2
「ああ、実際信長は酒は飲めなかったし、ドクロを前に舞を家来に舞わせていたのも密教の供養の作法で、その時代は結構他の武者も祟りなんかを恐れてやっていた事だという、アレですよね。」


センセエ2
「さすがガラシャさん、よく覚えているね。そういう事です。あ、因みに義経の一行が藤原秀衡(ふじわらのひでひら)を頼って奥州に赴く時というのも、手下達だけ連れていたワケではなくて、正妻や子供達も連れていたらしいからね。なんかこういうのもイメージとは違ってくるよね。」

ツルギ2
「ゲッ。そ、そうなんだ…。手下達との絆ばかりがクローズ・アップされちゃっているけど…。」


センセエ2
「だろう。まあ、一行が山伏と稚児の姿に変装していたのはそうらしいんだけどね。
で、せっかくだから秀衡が死亡した後に後ろ盾を失った義経が、さらに追いつめられて衣川館で襲われ、悲運の死をとげた後の事にも触れておこうか。」

ツルギ1
「後? 死後ってことですか。」


センセイ
「ウン。だって一応この談話の中では決着をつけないと、又『北へ逃れてジンギスカン』みたいなコトになっちゃうでしょ、ツルギ君みたいに(笑)。」

ツルギ2
「はは……。面目ないです。」


ガラシャ1
「衣川館(『ころもがわのたち』と読む)で自刃したというのは信用するとして…という事ですよね?」


センセエ2
「うん。裏切り者…というより父の秀衡の死後、頼朝から圧力をかけられ、結局義経を打つハメになった息子の泰衡(やすひら)が500騎の兵で衣川館を襲うんだ。この時義経側はわずか10数騎だったと言われている。」

ツルギ1
「ウヒャ~!! まさに多勢に無勢というやつだ!!」


センセイ
「ここで、例えわずかでもヒーロー義経としては最期まで戦って欲しいでしょ? ツルギ君としては。」

ツルギ1
「あ、ハイ、もちろん。自害というのがどうも。」


センセエ2
「気持ちはわかるけど仕方ないと思うんだよね。さっきも話した通り、手下だけじゃなくて、妻子も連れていたんだからさ。」

ツルギ1
「アッ!! そうか、そうでした!!」


センセエ2
「だから最期は戦うことをせず、持仏堂にこもり、まず正妻の郷御前と4歳の女子を殺害し、その後自害したとされている。」

ツルギ2
「ああ……何か言葉も出ない。」


センセエ2
「死後、義経の首は酒に浸して黒漆塗りの棺に納められ、43日間かけて鎌倉に送られた。これについては文治5年(1189年)の6月13日に和田義盛や梶原景時により腰越の浦で首実検がされているとあるから間違いないだろうね。
伝承によると、その後首は藤沢に葬られ、白旗神社に祀られたとされる。ただこれについてはちょっと疑問です。」


          談話イラスト99




ガラシャ1
「何故ですか?」


センセエ2
「首実検の後、直接この神社に葬られたわけじゃないからさ。義経の首実験の後、その首は境川に捨てられたと。で、流れ着いた首がここに祀られたとされているんだけど…これ、どう思う?」

ツルギ1
「ウワ~、疑わしいですよねえ。都合良くないですか、それ。」


ガラシャ1
「結局そういう所で『その首は実は違っていた!!』なんてコトになるんでしょうね。どこまでもミステリアス!!」









               つづく        ガラシャ4

スポンサーサイト
[ 2012/08/26 00:00 ] 談話 | TB(-) | CM(-)

『雑!!演殺陣人達(ざっつ!!えんたてめんつ)』 25:我は義仲

『雑!!演殺陣人達(ざっつ!!えんたてめんつ)』

 このコーナーは、和太刀主宰者・清水大輔の子役から始まり、
殺陣師になり、現在に至るまでに出会った人や出来事をかき集めて
バラバラに(思いつくままに)脱ぎ散らかしたエッセイ風の独白文です。






25:我は義仲


今から16~17年前。友人の誘いで時代劇ミュージカルに出演した。
『誘い』といっても、「ちょっと出てみない?」という事ではなく、
もう何年も前からその人に演出で、私の振り付けと出演をすると約束していたのだった。

ちょうど本編「談話室・和太刀」で『源義経(みなもとのよしつね)』の事を話していたはずだが、それで思い出した。



そう、これも『義経モノ』。
義経や弁慶一行が朝敵と見做され、北へ北へと逃れていく時のお話を、
ちょっとお祭り騒ぎのアクションコメディ・アンド・ミュージカルにしたものだった。
今でこそ仕事の5本中3本はミュージカル仕立てのアクションものが多い私であるが、
当時はまだ慣れない事で、ダンサーの方達のダンスと上手くバランスをとって振り付ける事が至難の技であった。

出来た音源を受け取り、家に帰って聞きながらパニック状態で振り付けを考えていた事を思い出す。

ダンスや歌はカウントを取って作られるものだが、殺陣の大切な『間』というものと必ずしも一致するわけではない。

『カウント』と『間』の違い・・・。

ただカウントを刻んで振りとしてハメてしまえば苦労は無いのだが、それでは斬り合いの『間』が死んでしまう。
で、この得体の知れない『間』というやつは、カウントに慣れたダンサーさん達には理解出来ない。
このせめぎ合いであった。
(これも今となっては、どうすれば両者が殺し合わずに済むかという方法論みたいなものがわかっているので、当時ほど苦しまずに済むのだが。)

私の役者としての『役』は『木曽義仲(きそよしなか)』。
これを聞いて、「アレ?」と思った方はなかなかの歴史通です。
そう、義経一行が北に向かって逃亡生活をしているという事は、義仲はもうこの世にはいないハズなんです。
義経率いる鎌倉軍に『宇治川の戦い』で敗れ、近江国の栗津で討ち死にした後なんですから。

でも、そこはちょっと『魔界転生』的要素のあるカッ飛んだ作品だったので、
あの世から舞い戻って恨みとともに、そして生き残った妻の巴御前とともに義経一行に襲いかかるというわけ。
衣装もカッ飛んでいて、私、上は軍隊の様な迷彩服に下は白のたっつけ袴(忍者みたいなやつですよ。細袴の裾に脚絆を巻いたようなアレですよ)といういで立ち。



ざっつえんたイラスト25





主に義経一行の弁慶と全編に渡って戦うという展開だった。
慣れない歌や踊りをこなしながら、振り付けと役者も務めるのは思いのほか大変だったが、
それもどこかで楽しかった。今となってはいい思い出の一つである。



で、その芝居を上演していたある日。

本番が終了し、「ゼエ、ハア。」と息を弾ませ、汗でぐっしょりとなった迷彩服を脱ごうとしていた時、
制作さんから、「清水さぁん。女性のお客様が一名御面会です。」と声がかかった。
「はあ、どなたでしょう?」と聞くと、
「それが、多分初対面の方らしいんですけど、どうしても清水さんに一言御挨拶がしたいとかで、あまりに熱心なもので、お断り出来なかったんです。申し訳ありません。」との事。
「今行きます。別に構いませんよ。」とお答えした。
制作さんがOKするからには危ない人でも無さそうだ。
それにしても誰だろう? これを見てファンになってくれたというのなら、それはそれで嬉しいが・・・。
と、呑気にそんな事を思いながらフラフラとロビーに出た。
するとすぐに見知らぬ女性が近付いてきた。前にどこかで会ったかしら? ・・・イヤ、やっぱり初対面だ。

女性「初めまして。お芝居楽しかったです!!」

私「あ、ありがとうございます(やっぱりファンというだけの話らしい・・・)。」

女性「あの、私、『キソ』っていいます。」

私「はあ・・・・・・エ? キソ?」

女性「ハイ。実は先祖が木曽義仲なんです。」

私「エ? エーッ!!」

何とビックリである。そう、彼女は私が演じていた木曽義仲の末裔だったのである。
こりゃあ自分の先祖の木曽義仲様が迷彩服なんか着て踊ったりしているのを見て我慢がならず、文句の一つも言いにきたに違いない。私は覚悟した。

女性「えっと、実は私、時々夢枕に義仲らしき人が立つんです。まあ、夢なんでしょうけど。つまり私のイメージする義仲というのがそれで・・・。
で、今日お芝居見てビックリしちゃって。そのままなんです!衣装はアレですけど(笑)。
イメージ通りの義仲が今日目の前にいたんで!! ありがとうございました!」

何と・・・! 光栄なコトだが背筋が寒くなった。
実はこの役が決まってから二日に一度は私もそれらしき人影を夢の中で見ていたりしたからだ。
武将の影・・・。
こんなコトもあるのかなあと不思議な気分になったものだ。


義仲よ、安らかに!!


[ 2012/08/19 00:00 ] ざっつえんた | TB(-) | CM(-)
PICK UP!!
UP 
【技講座⑭構えのジャンル】コチラ
90

【技講座⑬沈身の半身】コチラ
84

【技講座⑫身体の各パーツの分離】コチラ
技83

【技講座⑪刀の握り】コチラ
技講座写真70

【技講座⑩半身歩法】コチラ
技講座写真65

【技講座⑨剣を使わない抜刀稽古】コチラ
技講座写真59

【技講座⑧肩の埋め込み】コチラ
49

【技講座⑦柔らかい胸と沈む腰】コチラ
技講座写真32

【技講座⑥抜き打ち(抜刀・横払い)】コチラ
技イラスト2

【技講座⑤手の平合わせ→水平面の移動】コチラ
技イラスト2

【技講座④水平斬り】コチラ
技イラスト2

【技講座③脱力の技、二】コチラ
技イラスト2

【サイムライダイエットエクササイズ2】コチラ
トモエさん(顔)

【サムライダイエットエクササイズ1】 コチラ
トモエさん(顔)

【技講座②脱力の技、一】コチラ
技イラスト2

【技講座①流れるように・・・】コチラ
技イラスト2
検索フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。