談話室『和太刀』

~立ち廻りから得られる身体のお得情報!~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『雑!! 演殺陣人達(ざっつ!! えんたてめんつ)』 ⑪山の上の白塗り

『雑!!演殺陣人達(ざっつ!!えんたてめんつ)』

 このコーナーは、和太刀主宰者・清水大輔の子役から始まり、
殺陣師になり、現在に至るまでに出会った人や出来事をかき集めて
バラバラに(思いつくままに)脱ぎ散らかしたエッセイ風の独白文です。





⑪山の上の白塗り

大学時代の友人が社長(代表取締役)となって芸能プロダクションを起こしたのは今から二十数年前。

 現在でもそのプロダクションは続いているわけだから、
入れ替わりの目まぐるしいこの世界では、まあ成功した方であろう。

 

 そのT君がまだ会社を立ち上げたばかりの頃、突然私に電話がかかってきた。
当時、ケータイ電話がまだ出たばかりの頃で、
T君はカバンかと思う程の大きさのショルダー式のものを肩にしょって自ら営業し、
仕事を取っていたと思われる。
で、その電話を使っていたらしく、声も途切れる事がしばしばの、とても聞きとりにくい内容だったが
(当時のものはとても性能が悪く、まるでジャングルかと思うくらいの雑音にまみれて人の声が何とか聞きとれるといったレベルだったが、それでもポケベルが流行するさらに前の話だからそれも仕方あるまい)
どうやら仕事の相談らしい。



T君「今度ウチで抱えている子が…あ、この子アイドルなんだけど、
その子が短編映画…ま、Vシネマみたいなことだね。
それに主演することになってね。で、殺陣が出来る人達を4、5人捜しているんだけど…。
撮影は1日だけ。茨城の山の方で撮影なんだけど、やってくれないかな?」


私 「ウン、いいけど…。」(何かあったら手伝うよと言っていたので断れない私)

T君「で、悪いんだけど、キミの他に殺陣の出来る子があと3、4人欲しいんだけど。
後輩かなんかでもいいから捜してくれないかな。」


私 「ウン…いいけど…。」(やっぱり断れない私)



 とまあ、こんなやり取りが交わされ、私は同期の者1人と先輩1人、後輩2人に声をかけ、
数日後には茨城の山の中にいたのである。急な話にシブる同級生には、

「どうしてもとT君が言っているんだよ。キミを名指しでね。
殺陣が出来るという条件なんだから、もうキミしかいないんだよ!!」

等と言いくるめたのを覚えている。後で思えばそんな事をする義理はない。



 フタを開けてみれば、それは短編映画というよりプロモーションビデオと言った方が良いくらい
(もっともそのアイドルは別段歌を出しているわけではなかったので、短編映画には違いないのだが…。)
小規模なもので、そのアイドルの子とスタッフ4、5人と私達4人の計10人くらいで、
山の上の農家をお借りして、そこを準備する場所とした。

 それにしてもどんな殺陣を? と思っていたら、
助監督なのか監督なのかわからない男の人が白い粉を持ってきて、
「これを塗って下さい。」と言う。

「なる程! どうやらホラー物に近いものではないのか。
そのアイドルの子を私達が白塗りの(言わばキョンシーの様な)化物となり襲うのではないのか?」
と私は推理した。

で、粉を顔を塗ろうとしたら、そのスタッフが

 「ア、イヤ。塗るのは手と腕だけでいいんですよ。」と言った。

ナヌ? 腕だけって…。



スタッフ「今回はタイトルが『納屋』というんですが、そのクライマックスシーンで
納屋に閉じ込められた女の子を障子を突き破ったいくつもの手が襲うというシーンを
この山の上の納屋で撮影するだけなんです。」

ナヌ? 障子から手を出す…だけ? ……アレ? ……殺陣は?


スタッフ「イヤア…なんかウニョウニョした動きなんで…そういうのウマイのって、
ダンサーとか殺陣をやっている人の方がいいかなって…。アハハハハ(笑)。」

 

やられたっ!! くそっ!! T君めええ!!


  ざっつえんたイラスト12



 その後、開いた穴からチラリと首が写るかもしれないという事で、
腕と首を白く塗った私達は、その農家のオジサンが運転する軽トラの荷台に乗せられて、
ゴトゴトと揺られながら山の上の納屋に向かった。
途中何も知らない農家の方達が畑仕事が終ったらしく、
山から降りてきて軽トラの荷台に乗っている私達を見てギョッとしていた。


 そして結局スタッフの言う通り、その日一日障子から手を出してウネウネし、
中ではアイドルが「キャー、キャー。」と叫び、撮影は終了した。



 冗談ではない!こんなコトをするために山まで誰が来るものか!

 農家まで引き上げた私達に炊き出しのカレーがふるまわれた。
ついでに今日はもう遅いから農家で一泊していけと言われた。
私は怒りに震えて、「いいえ!カレーは結構です!何としても今日帰ります!行くぞ、みんな!」
と仲間達の方を見た。

そこにはアイドルの子の接待を受け、「いやあ、スミマセンねえ。」と鼻の下を伸ばしながらカレーをおかわりする仲間達の顔があった。

 

スポンサーサイト
[ 2012/02/29 00:00 ] ざっつえんた | TB(-) | CM(-)

第76回 「結局身体がなくてはおられんでござる!!」 の巻

センセエ
センセエ2
「前回の最後で『日本人は心法の剣のような、身体よりも心の在り方を述べているようなものを重要視し、
身体の方を軽視するのは残念だ(願流開祖の松林左馬助無雲のように具体的に使えたという記録が残っている人は軽視される)。』みたいにシメたけど…。」


ツルギくん
ツルギ1
「ハイ、何だかボクも残念です。身体を思う通りに使えるという事は素晴らしい事ですし、その時に脳の働きも活発化すると思うんで。
ですから心法の剣の無住心剣術二代目の小田切一雲が、それをして『畜生剣法』と発言したというのは何だかバカにしているというか悔しいというか。」



ガラシャさん
ガラシャ2
「そうね、ツルギ君いい事言うじゃない!『左馬助無雲が薬草なんかにも詳しくて色々な人の病気を治してあげた様な人物で、そのため町人からも好かれていた。』なんて話なんか聞いちゃうと余計に悔しくなっちゃうわね。」

 
センセエ2
「ボクも同感だね。でも考えたらそういう考え方というのは日本人だけじゃないかもしれないね。」

 
ツルギ1
「エッ!?」

 
センセエ2
「中国なんかでも、人間として尊敬されるのは政治家とか頭を使う人。『武人』はその下というのが一般的だからね。」

 
ガラシャ2
「あっ、そうですね、確かに。」


 
センセエ2
「でもね、面白い話があって無住心剣術三代目の真里谷円四郎なんかは…。」


ツルギ1
「出た!! 前にお話しに出てきた達人!! 師匠の小田切一雲を敗ったと言われているあの…。」



センセイ
「ウン。その円四郎君なんかは心法の剣一派の中にあっても『身体の動きの重要性。』をわかっていたみたいだよ。」

 
ガラシャ1
「へぇ~、それはその様に言ったというお話が残っているんですか。」


 
センセエ2
「ウン、そうなんだ。無住心剣の様な心法の剣の根底に流れる価値観というのは、とにかく『自分の身体が無いと思うようになれれば良い。』というふうになっているからね、流派の門人達も多くはそう思っていたんだよね。

で、ある日、円四郎の弟子である川村秀東(かわむらひではる)という人物が、『先生、要は我が身が無くなったと思えれば良いのですね。』と聞いたワケ。」


ツルギ1
「それは興味深い質問ですね。で、円四郎はその弟子の質問に何と答えたんですか。」


 
センセエ2
「うん。円四郎はこう答えたそうだよ。『それは禅僧の修行ぶりであって我が道ではない。剣術では体(てい)も有用だし、持っている刀も大事なものである。』って。」

 
ツルギ1
「おおう! 素晴らしい!! もっともですね。」



ガラシャ1
「そうね。何かお話をうかがっていくと、江戸期に入って思想的に『心』というのが重要視されたのは素晴らしい事なんですけど、
『身体を意識してはならず、消さなければいけない。』となってしまうと、その身体を使ってナンボの剣術の理っていうのはとても怪しくなってしまった様な…。」



センセイ
「全部じゃないけどね。でも確かにそういう考え方がブランド化された様な風潮はあったんだと思うね。
だから川村秀東みたいな人が師の円四郎にそういう質問をしたんだと思うよ。」

 
ツルギ1
「でも円四郎は『それは違う。』と言った。」


 
センセエ2
「そう。だから心法の剣の一派に在りながら、円四郎の場合はしっかりとした剣術としての理論も持っていたんだと思うのね。
事実、円四郎なんかは師である小田切一雲や初代の針ヶ谷夕雲(はりがやせきうん)なんかの事も、『先生方の言う事は大袈裟すぎる。』みたいな事も言っていたみたいだし。」

 
ツルギ1
「ヘェ~!」


 
センセイ
「何だかんだ言っても『身体』が無ければ何も始まらないよね。実際、将軍家光だって松林左馬助無雲の信じられない超人技をその目で見て感激して着物をあげたりしているわけだからさ、何枚も(笑)。」

 
ツルギ1
「『アンコール!』となっちゃったわけですもんね。」



ガラシャ1
「センセエはそういう『心法の剣』とか『身体が消えた方がいい。』みたいな事ってどう思われますか。」


 
センセイ
「ウ~ン。何となくわかる気がするんだけどね、そういう感覚は。ただし、そういう境地というのは、
それこそ死ぬほど身体を使って修行して、無駄なものが削げ落ちた時にポンと残るようなものだと思うんだよね、上手く言えないけど。
それを最初から初心の者にも『身体は無い方がいい。』なんて言ってしまったらワケわかんなくなっちゃうよ(笑)。」

 
ガラシャ2
「なる程。本当にそうですね。」



   談話イラスト74






ツルギ2
「センセエ、例の松林左馬助無雲さんって家光に見せたみたいな超人技のエピソードって何かたくさん持っていそうですね。」



センセエ2
「ウン。例えば夏の夕方に川べりを門弟達と一緒に散歩していた無雲を門人の一人が川へいきなり突き飛ばした。
すると無雲は突き飛ばされたなりに川を飛び越えて、しかもその門人の気付かぬうちに佩刀(はいとう)を抜きとっていたとか。
これも甲野先生が本の中で語っておられた話なんだけどね。」


ツルギ2
「ウワァ~ッ! なんじゃそれ!! ヨーダみたいな。」


 
ガラシャ2
「人間の身体能力の可能性を感じるエピソードですね。」






                      つづく      ガラシャ4
[ 2012/02/26 00:00 ] 談話 | TB(-) | CM(-)
PICK UP!!
UP 
【技講座⑭構えのジャンル】コチラ
90

【技講座⑬沈身の半身】コチラ
84

【技講座⑫身体の各パーツの分離】コチラ
技83

【技講座⑪刀の握り】コチラ
技講座写真70

【技講座⑩半身歩法】コチラ
技講座写真65

【技講座⑨剣を使わない抜刀稽古】コチラ
技講座写真59

【技講座⑧肩の埋め込み】コチラ
49

【技講座⑦柔らかい胸と沈む腰】コチラ
技講座写真32

【技講座⑥抜き打ち(抜刀・横払い)】コチラ
技イラスト2

【技講座⑤手の平合わせ→水平面の移動】コチラ
技イラスト2

【技講座④水平斬り】コチラ
技イラスト2

【技講座③脱力の技、二】コチラ
技イラスト2

【サイムライダイエットエクササイズ2】コチラ
トモエさん(顔)

【サムライダイエットエクササイズ1】 コチラ
トモエさん(顔)

【技講座②脱力の技、一】コチラ
技イラスト2

【技講座①流れるように・・・】コチラ
技イラスト2
検索フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。