談話室『和太刀』

~立ち廻りから得られる身体のお得情報!~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第65回 「偉人にして怪人、役行者(えんのぎょうじゃ)でござる!!」 の巻

ガラシャ1「センセエ、前に忍者の起源についてお話を伺った際に、
ガラシャさん
        結局のところ諸説多々あり、『これが始まりだ!』なんて
        断定する事なんか出来ないというお話でしたけれども…。」


センセエ2「うん、そうだね。『忍術』というものには実に様々な要素があるから、
センセエ
        その起源となると、文化そのものの起源という話に近くなるくらい。
        忍者といえば、必ず黒い覆面かぶって忍び込んで人を殺すというのも
        一つの要素ではあるけれど、決して全てではないし。」

ツルギ1 「つまり、怖い戦闘集団というだけではないという事ですね。」
ツルギくん


センセエ2「ウン。戦闘術以外にもバイタリティあふれる要素を兼ね備えているからこそ、
        前に話した通り、風魔一族の残党が江戸に吉原まで
        つくってしまったという…。
        (第62回『忍びの世界のリクルートでござる!!』の巻)」

ツルギ1 「あれにはビックリしました。」

ガラシャ2「で、そういう様々な説のうち、これだけは確実性があると思うものって
        例えば…。

        アッ、これは本当はどうなんだという事ではなくて、
        その諸説も含めてちょっと聞いてみたいなあと。」


ツルギ1  「賛成で~す。忍者大好きぃ~!!」

ガラシャ1  「イラッ!」

センセイ「え~っと。例えば、壬申の乱(じんしんのらん)というのが
        672年に起こる訳なんだけど、舞台は伊賀、甲賀だったりする。
        で、近江朝がその時に敵の情報を探る忍び的人間を
        配置していたらしい。

        どこが忍び的かというと、近江の将である田辺小隅(たなべのおすみ)が
        甲賀で真夜中に夜襲をするんだけど、
        その時に馬に梅(くちき)というものを人馬に含ませて襲撃する。
        つまりこれは、人馬の声を防ぐもので、音をたてないようにするわけ。

        それでいて闇の中で人に出会うと『金』という風に言わせ、
        相手が『金』と言わないと敵とみなして斬るという、
        つまり合言葉の先駈けと言われている戦法をとっているんだ。」

ガラシャ2「ああ、そうですね。その話はまるで、
        『山』と言ったら『川』みたいな合言葉そのものですね。」


センセエ2「うん。で、この同じ時代に生まれ、活躍したのが役小角(えんのおづぬ)、
        役行者(えんのぎょうじゃ)なわけ。」

ツルギ1「出た! あの映画やなんかにもよく出てくる仙人みたいな
        妖術使いみたいな怪人物ですね。」


センセイ「そう。この役小角は修験道を開いた人として有名なんだけど、
        今ツルギ君が言った映画なんか見てもわかる通り、
        ホントに謎の多い怪人物なんだけど…忍術の中の呪術や幻術・体術に
        あたるものを極めているわけだしさ。
        考えてみると忍者が印を結んで仕事や術を実行したりするのなんかみても、
        修験道との関連性ははずせないでしょ。」

ガラシャ1「修験道は日本古来の山岳信仰に密教が絡んで、
        さらに仙術の要素を取り入れたものですよね。」


センセイ「そうそう。さすがガラシャさん、よく勉強しているね。

        で、小角は日本伝来の『神道』と『仏教』の融合を図り、
        全国に修験道の山々を開いた。
        で、修験者で色々な土地への行き来が可能なわけだし
        諜報活動にも向いているでしょ。

        あと、呪詛を唱えて怨霊を祓うという事もするわけだしね。」

ガラシャ1「あ! センセエ、牛若丸が武術を習ったのって天狗ですけれども、
        山伏=修験者だったという説がありますよね。」


センセエ2「スバラシイ!! いいところに気がついたね。
        義経の話で言えば、後年の逃亡生活の時は…。」

ツルギ1 「あっ! 山伏の格好をして姿を隠しながら土地から土地へ!」

センセイ「まあ、それは有名な話だよね。

        あと、得意とした剣術や体術、さらに代名詞になっている
        船から船へ飛び移るという『八双飛び』なんかも…。」

ツルギ1  「う~ん。まさしく山伏であり忍者でもあり。」

センセイ「真実のほどはわからないけど、義経に剣術を教えた天狗が修験者だとすれば、
        当時の修験道というものの姿が見えてくるでしょ。
        決して荒行をして山で暮らすだけではないというのがね。」

ツルギ1   「確かに。」

センセエ2「絵巻物の中に『役行者絵巻』というのがあってね、
        そこには役行者が母とともに雲に乗って空を飛んで、
        唐の国に飛び去る絵が描かれていて…。」



   
   談話イラスト63






ツルギ2「ギョエ~! 雲に乗りますか~。雲はUFOで、役行者は宇宙人!?
        という説まで出そうですねぇ~!」


ガラシャ1「バカ! …でも唐(中国)というのがまた意味深ですね。
        もともと仏(密)教は大陸からのものですし、
        聖徳太子が使っていた志能便(シノビ)も大陸から来た人だと
        言われているんでしょう?」


センセイ「そうだね。あ、ちなみに役行者の名前の小角(おずぬ)というのは、
        頭に小さな角が生えていたかららしいよ。」

ツルギ1   「ギョエ~!! 役行者“鬼説”!!」







                      つづく     センセエ(全身2)
  
[ 2011/12/18 00:00 ] 談話 | TB(-) | CM(-)

第64回 「武田信玄はくノ一好き?でござる!!」 の巻

ガラシャ1「センセエ、ここしばらく忍者に話を絞ってきたわけですけど。」
ガラシャさん



ツルギ1  「話は尽きないよね~。楽しいな~。」
ツルギくん



ガラシャ1 「でも、ちょっと不満じゃないんですけどリクエストが…。」

センセエ2 「ホウ。何かな?」
センセエ

ガラシャ2 「私やっぱり女なんで、くノ一の話なんか聞きたいなあと思いまして。」

センセイ「オ~! なる程。くノ一ね!
        でも前にも言ったかもわからないけど、『くノ一』というのは
        『くノ一の術』という言葉ではじめて成立するのであって、
        女忍者の事をそう呼ぶわけじゃないからね。」

ガラシャ2「ハイ、ハイ。それはわかっています。『女』というワードを使った忍術の事を
        『くノ一の術』というんですよね。」


センセエ2「そうです。あ…、でも敢えて女忍者の事を聞きたいなら…。
        千代女(ちよめ)の事なんかどうかなあ。」

ツルギ1  「千代女って誰ですか? あまり聞いた事ないなあ。」

センセエ2「だろう。でもガラシャさんの言うくノ一、
        つまり女忍者の元祖といってもいい存在、それが千代女なんだよ。」

ガラシャ1 「ヘェ~。それは是非どんな人か聞いてみたいですね。」

センセイ 「では…。え~、今回は女忍者の事をくノ一とします。いいかな?」

ガラシャ1   ツルギ1    「ハイ!」

センセイ 「くノ一を考え出したのって武田信玄と言われているのは知っているかな?」

ツルギ2  「ゲッ! あの…信玄公が?」

ガラシャ1 「それはちょっとビックリですね~。」

センセエ2「でしょ? だからなのか、くノ一は武田流軍学の一つ、
        甲陽流を取り入れていると言われている。
        とにかく信玄公っていうのは情報網を張り巡らせる事にかけては
        “足長坊主”と呼ばれたくらいの人だからね。」

ツルギ1  「足長坊主…?」

ガラシャ2 「つまり、情報収集の足をのばしていたという事ですね。」

センセエ2「正解。で、当時の日本を自由に行き来出来る職業という事で、
        巫女(みこ)に注目し、“歩き巫女”というくノ一を思いついたんだ。」

ツルギ1  「なる程~。」

センセイ「で、氷禄4年(1561年)の信濃川中島の戦いで戦死した
        望月盛時(もちづきもりとき)=望月城主の未亡人、
        望月千代女(もちづきちよめ)を『甲斐信濃二国巫女頭領』に任じて、
        合戦で生まれた孤児から少女を選び出し、
        今の長野県に修験道の道場を開かせた。

        で、この養成所こそが『くノ一養成学校』みたいな存在になったわけ。」





      談話イラスト62





ツルギ2 「うう…。AKBみたいっすね。信玄公、うらやましい…。」

ガラシャ1「あんた何考えてんの!?

        でもセンセエ、望月千代女という人はその指導が出来たという事なら、
        もともとそういう才能があったという事なんですかね?」


センセエ2「千代女という人は近江甲賀郡に住み、望月三郎兼家を始祖とする
        『甲賀流忍術宗家』の直系なんだよね。」

ツルギ1  「うおっ! なあんだ、そうだったんだ!」

センセイ「千代女は養成所に集められた少女達に、呪術や祈祷調伏、
        口寄せ当の巫女道を教えて、諜報活動に役立つエリート達を育てた。」

ツルギ1 「チャーリーズ・エンジェル…。フルスロットル!!」

ガラシャ1 「うるさいなあ、もう!!」

センセエ2「はははは(笑)。でもはずれてはいないよね。

        くノ一の武器って何はともあれ美女である事がとても大切で、
        その美しさをもって有力な武将達に近づいて側室になって
        情報を得たりとかしなくてはならないしね。

        あと武将の奥方に仕えて信用してもらい、『荷物を取ってきます。』
        と言って家(隠れ家)から運んだ長櫃(ながひつ)の中に
        男の忍者が入っていて(二重底になっている)屋敷に荷物が運び込まれると
        男の忍者がこっそり起き出して主人を暗殺するとかね。」

ツルギ1  「らしくなってきましたネ~!」

センセエ2 「これを『隠蓑(かくれみの)の術』というらしい。」

ガラシャ2 「確かに女性だからこその術ですね。」





                    つづく          ガラシャ3
[ 2011/12/14 00:00 ] 談話 | TB(-) | CM(-)
PICK UP!!
UP 
【技講座⑭構えのジャンル】コチラ
90

【技講座⑬沈身の半身】コチラ
84

【技講座⑫身体の各パーツの分離】コチラ
技83

【技講座⑪刀の握り】コチラ
技講座写真70

【技講座⑩半身歩法】コチラ
技講座写真65

【技講座⑨剣を使わない抜刀稽古】コチラ
技講座写真59

【技講座⑧肩の埋め込み】コチラ
49

【技講座⑦柔らかい胸と沈む腰】コチラ
技講座写真32

【技講座⑥抜き打ち(抜刀・横払い)】コチラ
技イラスト2

【技講座⑤手の平合わせ→水平面の移動】コチラ
技イラスト2

【技講座④水平斬り】コチラ
技イラスト2

【技講座③脱力の技、二】コチラ
技イラスト2

【サイムライダイエットエクササイズ2】コチラ
トモエさん(顔)

【サムライダイエットエクササイズ1】 コチラ
トモエさん(顔)

【技講座②脱力の技、一】コチラ
技イラスト2

【技講座①流れるように・・・】コチラ
技イラスト2
検索フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。