談話室『和太刀』

~立ち廻りから得られる身体のお得情報!~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第25回 「本当に使える人とは何か!?でござる!!」の巻

ガラシャ1「時代劇のウソと言えば、よく殺陣をやっているって言うと、
ガラシャさん 人から言われるのが『あんなに斬ったら真剣だったら
        血や脂(あぶら)で刀が使いものにならなくなる。
        普通3人くらい斬ったら限界のはずだ。』って言う話。」


ツルギ2「ああ、よく言われるそれ!」
ツルギくん

センセエ2「それね。でもね、もっともらしいその意見
  センセエ  そのものが疑わしいと言わざるを得ないよね。」


ガラシャ1「へぇ…。というと?」

センセエ2「これは昭和の40年代半ばまで生きていた
       剣術家の方が言っていたんだけどさ、
       その方のお父さんが、第二次大戦中に日本軍の軍刀での
       戦い方なんかを教えに行っていて、あまりに稽古内容が凄すぎて、
       軍の方から、『そんな神業みたいなマネはあんただから出来るんだ。
       もう少しやさしく教えてくれ。』って言われるくらいの腕前だった
       らしいんだけど。」


ツルギ2「うわあ、既にそのエピソードがスゲエ…。」

センセエ2「でね、その方に言わせると、『それなりに腕があれば、
       人なんて何人斬ろうが血糊(ちのり)で斬れなくなるなんて事はない。
       刀も名刀なんかでなくても、ごく普通のものでいいんだ。
       血糊で斬れなくなるなんてえのは
       腕がなまくらな奴が言う事だ。』ってね。」


ツルギ2「かあ~!しびれますね~!!」

センセエ2「しびれるだろう(笑)。

       で、その人が息子さんと時代劇を見ていた時に、
       画面の向こうでヒーローの剣士が
       悪人をバッサバッサと斬るのを見ていて、
       息子さんが、『実際にあれだけ大勢に囲まれて、
       あんなに都合良く斬るなんて事は出来ないですよね。』って言うと、
       『馬鹿もん。本当に使える奴の動きは、こんなもんではないわ。
       この倍の人数いたとて関係ないわ!』って言ったらしい。

       つまり、フィクションであり、ディフォルメ表現をしている時代劇なんか
       問題ではないくらい、使える奴はスゴイっていう話…。」


ガラシャ1「カッコイイ~。何だかスカッとしますよね、その話。
       想像物を見て『あまいわ!』って(笑)。」

センセエ2「そういう人の話って、本当に想像を絶するって言うかあまりに凄過ぎて、
        普通だったら信じられないのに逆にリアリティがあるというか、
        一周まわって信じざるを得ないエピソードがたくさんあるんだよ。

        それも『言い伝え』と言われる程昔の話じゃない。
        ごく最近まで生きていた生身の人間の話だから。

        さっきの日本軍の話だって、『それでは基本からやりましょう。』
        って言って、竹藪を全力疾走で走りながら
        左右に刀をさばく様にして竹を斬り、薮を抜けた時は、
        その人の走った両サイドの竹が一本残らず斬り倒されていたとかだから!」


ツルギ2「ギエ~!なんじゃそりゃあ!!」

ガラシャ1「しかもそれが基本技っていうことだったんでしょう?」

センセエ2「うん、その方に言わせると、そのくらい使えないと刀なんて実戦で使い様が無いっていう事だよ。
       でも考えたらそうなんだよね!」


ツルギ2「エ!?何がですか?まさか竹を斬りまくるという話!?」

センセエ2「イヤイヤ、そこじゃなくて(笑)。
       つまり道具(この場合は刀)も大切なんだけど、
       大切なのはそれを扱う側の人間の身体性こそが
       本質であるという部分においてだよ。

       良く戦場では刀と槍のどちらが有利か?みたいな事を
       聞いてくる人もいらっしゃるんだけど、
       それは双方ある程度の実力が伴ってこその論議であってさ。

       いずれにせよ主体を道具の方に置いていてはダメなんだと思うのね。
       使えない腕前の人の持つ名刀正宗よりも、
       使える人が持つ棒きれの方がよほど恐ろしい。」


ガラシャ1「それはそうですね。ちょっと考えたら当たり前の事なんですけど…。」

ツルギ2「何か耳が痛いなあ。
       僕、割と道具(アイテム)や衣装(ファッション)から
       整えて入っていくタイプなもんで(笑)。」

センセエ2「あっははは(笑)。それはそれでいいんじゃないの?そこまでマジメに考えなくても…。
       例え入口がそんな浅い動機だとしても、
       それがきっかけになって深い所まで行ければさ。

       空手の達人だって、やり始めは『ケンカに強くなりたい。』とか
       『モテたい。』だったかもしれないしさ。」 


談話イラスト23


ガラシャ1「そうよ、ツルギ君。出落ちにならなければいいと思うわ(笑)。」

センセエ2「お!出落ちとはウマイ事言うね、ガラシャさん。」

ツルギ2「ハア、気をつけやす……。」

センセエ2「あの有名なブルース・リーだって
       (ブルース・リーは映画俳優としてだけではなく、
       武術家としても世界的に認められている存在である。)
       こう言っているんだ。

       『黒帯だの白帯だのは私にとって何の意味も無い。意味があるとすれば、   
       帯とはパンツやズボンが落ちない様に止めておくものである。』ってね。」


ガラシャ1「おっしゃれ~(笑)。」


                     つづく      ガラシャ3
[ 2011/06/22 00:00 ] 談話 | TB(-) | CM(-)

第24回 「時代劇のウソはつまらん! でござる!!」の巻

センセエ2「だからね……。あ、これ前回の『信用出来る』『信用出来ない』
センセエ    って話の延長なんだけどさ、
        時代劇とか観ていると刀の振り方がどうのじゃなくて、
        それ以前に町並みを歩く人々(エキストラをはじめとする役者)
        の姿とかが思いっきり現代風だったりして、
        その時点でドラマに入り込む心の作業が結構大変なんだよね。

        そんなワケねえだろって(笑)。
        だからそんなに時代劇とか観ない。特に最近のはね。」

ツルギ2「ギャア! とんだカミングアウトですね!!」
ツルギくん


センセエ2「いやあ、殺陣の振付師という商売からすれば観なきゃとは思うし、
        時々頑張ってトライしてはいるんだよ。
        だけど5分くらい観るともうダメ。無理です…。

        そりゃあ現代人が演じているんだからどう頑張っても
        『江戸の町並みの再現』とはならないし、
        その辺はわかっているよ。
        だけど少しくらい勉強しましたって跡が欲しいよね、ほんの少し…。」

ガラシャ1「それはわかりますね。昔の江戸の町並みが書いてある絵とか見ると
ガラシャさん  雰囲気とかが全然違うし…。

        町並みがというか、特に人間の歩き方や仕草なんかが…。」


センセイ「そう…。まあ、それを言い出したらキリがないんだけどさ、
        時代劇のウソなんて…。

        だけど、例えば捕り物なんかによくある、
        『御用提灯』をかざして『御用だぁ!』って言うのが、
        そんなたくさんの明かりで『逮捕する!』って追いかけたら、
        犯人は逃げやすい事この上ないよ~(笑)、みたいなウソとは違うんで。

        映像としてわかりやすくするためのデフォルメ表現とかと違って、
        やれば面白くて興味深くなると思うんだよね、人の歩き方なんて…。」

ガラシャ2「だから宣伝の仕方も、『まるで時代劇という事を忘れてしまう。』とか、
        『現代にも通じる男女の恋愛模様。』みたいになっちゃう。」



センセイ「あの時代の男女の恋愛模様が
        現代と一緒だったら困っちゃうけどね(笑)。
        だけどそれは一概に厳しかったというだけではないんだけどさ…。」

ツルギ1「わあ! 知りたいなあ、その辺のコト!!」


   談話イラスト22


センセイ「自分で調べて下さい、話すとそれこそキリがないから(笑)。

        でもね、何かちゃんと時代考証すると
        堅苦しい部分がピックアップされてばかりなのも問題だからなあ。」

ガラシャ1「だから最近は架空の江戸…edoとか言ってSF的に世界観を変えて、
        その中で殺陣をやろうみたいな作品も増えていますよね。」


センセエ2「ある意味残念というか、『身体』や『動き』を掘り下げないと
        そっちにいくしか興味が持てないんだろうね。

        着物文化っていうとキッチリして様式感みたいな
        イメージばかりなんで、だったら近未来風にしちゃって、
        動きも派手にして言葉も自由にした方がいいだろうみたいな、
        短絡的発想になっちゃう。

        でも時代劇の言葉って文語体的表現が多いからさ、
        どうしてもそうなっちゃうんだよ。

        例えば『おもて(面)を上げぃ!』とかね。
        そんな事叫んでも昔の一般ピープルは『?…オ・モ・テって?』みたいな、
        ちんぷんかんぷん状態だったと思うんだけど。」

ツルギ2「エッ!? そうなんですか?」

センセエ2「そりゃあそうだよ。昔は今みたいにTVの国会中継なんか無いんだから。

        武家言葉を自然に町人が理解する術が無いもん、基本的には…。
        町人は町人言葉を町人同士で話して一日が過ぎていくわけだから。」

ガラシャ2「国会中継を報道する時に『遺憾の意を表しました。』っていう意味、
        よく分かんなかったわ、そう言えば昔…。」


センセイ「あははは。だろう? で、その国会中継やニュースを伝える
        TVやラジオ等が無いわけだから。
        文字情報だって立札や瓦版がせいぜい…。」

ツルギ1「文字が読める人だって今より少ないですもんね、圧倒的に。」

センセイ「だよね。でもそこまで言っちゃうと、
        ドラマの一時間の中で武家と町人が絡み合い、
        事件が起こって、それをヒーローが悪人と称する人々を
        何十人も殺して解決なんて無理だからね(笑)。」

ツルギ2「殺してって…。そうか、ヒーローが悪人をバサバサ斬るって
        一見気持ちいいけど、
        別のアングルでみたら大量殺人ですもんね(笑)。」


ガラシャ1「暴れん坊将軍は違うわよ、峰打ちだから(笑)。」

ツルギ1「ああ…でもあれ徳川吉宗だよ。毎週あんなに峰打ちで人を…。」

センセイ「(笑)。いいね、こういうアホなやり取りって。」



                   つづく      センセエ4
   
[ 2011/06/19 00:00 ] 談話 | TB(-) | CM(-)
PICK UP!!
UP 
【技講座⑭構えのジャンル】コチラ
90

【技講座⑬沈身の半身】コチラ
84

【技講座⑫身体の各パーツの分離】コチラ
技83

【技講座⑪刀の握り】コチラ
技講座写真70

【技講座⑩半身歩法】コチラ
技講座写真65

【技講座⑨剣を使わない抜刀稽古】コチラ
技講座写真59

【技講座⑧肩の埋め込み】コチラ
49

【技講座⑦柔らかい胸と沈む腰】コチラ
技講座写真32

【技講座⑥抜き打ち(抜刀・横払い)】コチラ
技イラスト2

【技講座⑤手の平合わせ→水平面の移動】コチラ
技イラスト2

【技講座④水平斬り】コチラ
技イラスト2

【技講座③脱力の技、二】コチラ
技イラスト2

【サイムライダイエットエクササイズ2】コチラ
トモエさん(顔)

【サムライダイエットエクササイズ1】 コチラ
トモエさん(顔)

【技講座②脱力の技、一】コチラ
技イラスト2

【技講座①流れるように・・・】コチラ
技イラスト2
検索フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。