談話室『和太刀』

~立ち廻りから得られる身体のお得情報!~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

★効率的! サムライダイエット講座★ 【第2回 素振りスクワット(袈裟ケサ斬り)】

センセエ(顔2) 「さて、今回は『袈裟斬りスクワット』。

     つまりは前回の『真っ向斬り』の軌道を袈裟斬りにしたものだ。」

ツルギ君(顔1) 「ちなみに袈裟とは、本来正面の相手の肩から腰骨にかけて、
      斜めに斬りおろす刀の軌道です。」


ガラシャさん(顔2) 「袈裟っていうのは、お坊さんの着ている
      袈裟の角度からきているって聞いたわ。
      『袈裟がけに斬る!』っていうもんね。」


センセエ(顔2) 「そう。これは前回の【真向斬りスクワット】を通過している人には手順は簡単。

      軌道を真直ぐから斜めに変えれば良いわけだからね。基本的にはね。」

ツルギ君(顔1) 「基本的には……というと?」

センセエ(顔2) 「それはだね、普段袈裟に斬る時は、
      足を前後に置いて、腰を切って振りおろすだろ?
      普段僕らが刀を持ってやる時というのはね。」

ガラシャさん(顔2) 「ハイ、そうですね。

      あ、でもこのスクワットの場合は、真向斬りもそうだったけど、
      足は肩幅より広めに、爪先は45°外側に置いて、
      そのまま腰を落として振りおろし、振りかぶる時には腰を上げるという…。」


センセエ(顔2) 「そう。つまり腰、身体の向きは正面を向いたまま、腕は斜めにおろすわけだ。

      それも腕を止める位置は、イラストのトモエさんを見てくれればわかる通り、
      自分の腰の位置よりやや横、
      つまり自分の身体の幅を少しハミ出した位置なんだ。」



ダイエットイラスト3


ダイエットイラスト4



ガラシャさん(全身1) 「それが?」

センセエ(全身1) 「まあ、百聞は一見にしかず。まずはやってみるといい。

      あ、因みにかかとは腰の上下に関わらず浮かせたまま。
      息は振りかぶりで吸い、斬りおろしで吐く。
      左右交代で斬ってみる。」

ツルギ君(全身1) ・ ガラシャさん(全身1) 「あ、ハイ。」


ツルギ君、ガラシャさん、やってみる


ガラシャさん(全身1) 「ああ!ぐわあ!」

センセエ(全身1) 「ね、効くでしょ、身体の側面に!
      これがつまり腰を正面に向けたままの効果さ。
      
      脇腹付近のお肉が気になる人は、
      ゆっくりと左右10回ずつやってみるととても良いと思うよ。」

ツルギ君(全身1) 「センセエ、僕、ガラシャさんが騒ぐほど効かないんですけど。
       真向とほとんど同じというか…。」


センセエ(全身1) 「どれ? ああ、ツルギ君は少し、腕を振る時に肘が曲がり、
      緩んでしまっているから、身体の側面が引っ張られないんだよ。

      頭の後ろから腕を前に振り出す時、手の平を合掌につけたままで、
      肘をグッと伸ばし、前方に突き出す位にしてごらん。」

ツルギ君(全身1) 「はあ…そんなもんですか。」


                  ツルギ君、再度挑戦してみる


ツルギ君(全身1) 「グワアア!」

センセエ(全身1) 「ね、良いでしょ。」

ガラシャさん(全身1) 「(笑)。バカじゃないの。」

スポンサーサイト
[ 2011/04/27 00:00 ] ダイエット | TB(-) | CM(-)

第12回 「古典は素晴らしいでござる!!」の巻 Part1

ガラシャ1 「映画はもちろんそうですけど、
ガラシャさん  演劇等の舞台上の役者さんの表現って
        そういう身体の中から意識して使うという事がとても大切な気がするけど。」

センセイ「そう。人前にさらされている生身の勝負だからね。
センセエ  映像の様にカメラが寄ってアップになったりとかはない。

       むしろ役者さんの身体使い(心使い)によって、
       見る人のフォーカスが自然にそこに集中して
       アップになるのと同じ様な事が出来ないとね。

    あくまで生身の人間そのものの力というかね。」

ツルギ1 「でも最近は照明技術もレベルアップしたし、
ツルギくん   ワイヤーで人間を吊るして直接観客の上を飛んだりする様なものも増えて、
         そういう身体の細部までの工夫をしなくても
         良くなってきたんじゃないのかなあ。
         そのフォーカスっていうのも、照明がやってくれちゃうみたいな。」

センセイ「そうは言っても、
       僕は最終的には『人』そのものの表現力が大切だと思うよ。
       どんなに表面的なサービスが良くなったとしてもね。

       そうじゃないと、泣いたりわめいたりして
       『感情の安売り王』の作品ばかりが目立って終りだから。」

ガラシャ2「感情の安売り王(笑)。」

センセイ「本当だよ。

       やたら怒ってわめいて泣いたりするんだけど、
       いったい何に対してそうなっているのか、
       よくわからないものとかあるからね。」

ガラシャ1「誰かさんが死んだから悲し~っ!みたいな(笑)。」

センセイ「もちろん、そういうわかりやすさって大切なんだと思うけど、
       表現として伝えられるって事ってもっと他に…というか、
       それだけで終わってはいけないよ。」

談話イラスト10[1]


ツルギ2「和太刀の稽古の最後に、いつも殺陣をつくって発表しあいますけど、
       イメージ作品というか、単に斬ったり斬られたりだけじゃなくて、
       人間の心の内面を表す作品とかがありますよね。
       一切のセリフとか使わずに…。

       僕あれ苦手だなあ。」


ガラシャ1「無言劇とも違うしね。なんか解釈の仕方が人それぞれ違う時もあるし、
       自分でも生で見た時とビデオで見た時は違うし。」


センセイ「だから良いとも言えるしね。
       見ている時によって感想や解釈が違うなんて素晴らしいと思うのね。

       少なくとも、見ている人が想像したり考えたりする余地があるというのはね。
       舞台上と客席で何かを共有出来ているわけだから。

       変な話、ストーリーがわかる事よりも、
       何だかわからんけど胸にズキューン!とくるものだってあるしね。
       何だかわからんだけのものも多いけど(笑)。」

ガラシャ2「どうだあ!わかんないだろう!みたいなやつ(笑)。」

センセイ「あるね、そういうのも(笑)。そういう事でもないんだよね。

       そういうのはね、直球を投げる自信がないから
       カーブに価値観を置こうとしているだけだよね。
       あと、わかるわからないと言っても人それぞれだからさ。

       問題はそういうものを越えたエネルギーが舞台から、
       そして人から発散されるかどうかという。」

ツルギ1「なる程。
       好き嫌いで判断出来てしまうものではないという事ですよね。」


センセイ「うん。それは演劇で言えば、役者が演ずる前の段階、
       つまり脚本の段階ではそういう事って問題になるかもしれないけどさ。
       そういう目に見える事ではない。

       だから古典芸能の代表でもある『能』とかさ。」

ガラシャ1「ああ!そうですね!

       あれストーリーが見ていてわかる部分もあるけど、
       わからないものについては本当に…。
       単に私の勉強不足なのかもしれないですけど。」


ツルギ1「能は神事というか、祭り事という意味合いもあるからね。」

センセイ「それについてはこの際どっちでも良いよ。
       問題はパワーやエネルギーがあるか無いかだから。

       それに能こそ表情と言う事になるとさ、面をつけているわけでね。
       その面のちょっとした角度、手を面のところに持っていく間や所作によって
       表現しているじゃない。
       しかも感情でやってはいけないというのは能楽師の条件だからね。」

ツルギ2「ウッ!感情でやってはいけない…。何故なんだろう。」

ガラシャ1「私も詳しくは無いけどさ、感情でやったとしたら、
       見ている方のとらえ方も限定されてしまうからじゃない?
       こんなお話だぞ!感動しろ~!って。」


センセイ「ガラシャさん、スゴイね!
       全てではないけれど、外れていないと思うよ、ソレ。

       で、そういう技術って見習わなきゃいけない。
       間違いなく身体のパーツの細やかな所まで『気』が行き届かないと出来ないと思う。
       深層筋(しんそうきん)を使う世界だよね。
       やろうと思ったって追いつかないし、殺陣も捨てなきゃ(笑)。」

ツルギ2「でも正直眠たくなっちゃうんだよね(笑)。
       いつ見ても同じ様な感じでさ。」


センセイ「ツルギ君自身、舞台経験があるわけだし、
       いつ見ても同じものを淡々とやるってどんな事かわかるだろう?
       見ている人や場所が違っても同じものって出来るかい?」

ツルギ1「…あ、そうか!わっ!そう考えるとスゴイ事なのかも…。」

ガラシャ2「古典は素晴らしい(笑)。」


                 つづく ガラシャ4
   
[ 2011/04/24 00:00 ] 談話 | TB(-) | CM(-)
PICK UP!!
UP 
【技講座⑭構えのジャンル】コチラ
90

【技講座⑬沈身の半身】コチラ
84

【技講座⑫身体の各パーツの分離】コチラ
技83

【技講座⑪刀の握り】コチラ
技講座写真70

【技講座⑩半身歩法】コチラ
技講座写真65

【技講座⑨剣を使わない抜刀稽古】コチラ
技講座写真59

【技講座⑧肩の埋め込み】コチラ
49

【技講座⑦柔らかい胸と沈む腰】コチラ
技講座写真32

【技講座⑥抜き打ち(抜刀・横払い)】コチラ
技イラスト2

【技講座⑤手の平合わせ→水平面の移動】コチラ
技イラスト2

【技講座④水平斬り】コチラ
技イラスト2

【技講座③脱力の技、二】コチラ
技イラスト2

【サイムライダイエットエクササイズ2】コチラ
トモエさん(顔)

【サムライダイエットエクササイズ1】 コチラ
トモエさん(顔)

【技講座②脱力の技、一】コチラ
技イラスト2

【技講座①流れるように・・・】コチラ
技イラスト2
検索フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。