談話室『和太刀』

~立ち廻りから得られる身体のお得情報!~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第6回  「身体をパーツごとに分けるでござる!」の巻

ツルギ1 「その力を抜いた動き方って例えばどんなものなんでしょう。

       僕も稽古で試してみて、力んだ動きよりも、
       力を抜く動きが良いというのは何となくわかるんですけど。

       イマイチ確信を持って言い切れないというか…。
       だから不安になると、ついまだ力が入ってしまったりするんですよね。」


センセエ2 「ツルギ君は正直でよろしい(笑)。

        例えばバッターの場合、先程から出ている話の通り、
        いくら予測したってそんなに都合良くねらった通りの
        コースに来るというのは、
        プロ同志の対決でもほとんど無いんだよね。

        で、そうなると、例え思ったところにボールが来なくても、
        何とかしてボールを打ち返す工夫が必要になってくる訳だ。」

ガラシャ1 「当然それはそうですよね。」

センセエ2「それには身体に力を入れて(力んで)、
        『いっせいのオ、セッ!』ってやっていたのでは
        確率の低い博打の様なものだから、

        そうやって体幹部(胴体部分)を一つの塊の様にして使って、
        腕でバットを振り回すという事を繰り返していても
        成果は上がらないんだよ、当然ね。

        だから身体の各部分、
     
        パーツをもっと細分化して使わなくちゃいけないんだよね。」


ツルギ1「ああ、普段の稽古でもやりますよね。
       身体の細分化を意識する稽古って。
       体術(相手をつけて、それを様々な動きや形で崩したりする稽古)の時間に。

       互いに腕でつながっている状態で、
       それを肩の引きや腰の開閉で投げたり崩したり…。
       同じ投げでもどこが主体となって運動しているかという…。」


センセイ「そう、まさにああいう事だよ。

       ピッチングだのバッティングだのというのは、
       そもそも体幹部の力、中でも腰の回転とか足腰の運動を
       どうやって腕に伝えていくかというのが
       上質のパフォーマンスを行う為には重要なキーなんだけど、
      
       片足を上げてそれをよろしき場所に置き、
       膝を使って水平に柔軟性を持って速やかに重心移動を行い、
       その運動を腰に伝え、
       さらに腰のキレによってその運動が腕へ…
       という具合にね。

       そういう風に、自分の身体のパーツをバラバラに意識して
       運動エネルギーを正確に伝えられる人が、
       良いフォームをつくれるんだ。

       で、プロだったら誰でもその位は意識的にやっているのは
       当然なんだけどね。
       例え2軍の選手でも、プロというのはエリート集団な訳だからさ。

       ましてその程度の事が出来なければ、
       プロ野球なんかには入ってこられない訳だよ。」

ガラシャ1「スゴイ世界ですよね。
       ていう事はイチロー選手レベルの人というのは、
       それ以外に何か身体の動きに秘密があるんですか?」


センセエ2「それ以外というより
       それ以上と言った方が良いかもしれない。

       一般のプロの選手よりも、
       もっと身体のパーツの細分化が意識出来るという事だよね。

       細分化が進むという事はさ、
       一つのボールを打つのにそれだけ多くの身体のパーツが、
       それぞれ適材適所に働いて協力しているという事だからね。」

ツルギ1「つまり、他の選手よりももっと細かい単位で身体の部分を屈指している。」

センセイ「そうです。筋肉の働きもそうだけど骨をずらして使うとかね。」

ガラシャ1「骨をずらすって……それじゃあ古武術の世界ですね!」

ツルギ2「ウン。っていうか僕らの稽古している世界でもあるしね。」

センセエ2「肋骨をスライドさせる様にズラすとか、
       肩甲骨をズラすとかさ。
       骨格単位で身体を変化させているのが
       イチロー選手のバッティングフォームから分かるよネ。

       内角球の時はどうなのか、
       外角低めはどうなのかという詳しい部分は
       君達で今度テレビを見る時に研究してみてよ。

       あと、そういう動きについて書かれている本や
       資料も最近は出ているしね。」

ガラシャ1「最近プロ野球人気が無くなってきちゃって、
       私も前より何となく見なくなってきちゃったけど、
       そう言われると見たくなっちゃいますね。」


センセエ2「そう、ルールが多少分からなくても、
       どのスポーツでもトップ・プロと言われる人達の中には、
       そういう骨格単位まで意識して使えている選手は結構いるよ。

       そういう選手って前に話に出た、
       いわゆる肉感的にガシガシした迫力というより、
       どこか滑らかでエレガントさがあって、
       それでいてゆったり見えるのに
       相対的に見るとスゴくスピーディーに動いていたりするからね。

       自分達で、あ!この人は!って発見、分析するのも、
       スポーツ観戦の仕方として僕はアリだと思う。」


ツルギ2「フィギュアスケートの浅田真央選手とかキム・ヨナ選手なんて、
       まさにエレガントだもんなぁ。」


談話イラスト4


センセイ「そうでしょう。フィギュアの試合なんか見ると、
       ビールマン・スピン
       (足を後方に頭上より高く上げ、それを両手、
         あるいは片手でつかんで体幹を反らし、スピンする)
       なんか見ていると、身体の柔らかさが目立つけど、
       いわゆる僕らが一般的に認識する所の柔軟体操的に柔らかいとか
       固いとかいうレベルの話ではないんだ。
      
       同じスピンでも一人一人、
       骨盤の角度や肋骨の変化のさせ方に特徴があるんだ。

       第一スケートなんか、あんな事を氷の上でやっている訳だから、
       骨格や筋肉の動きを細かく認識し、
       骨盤や肋骨でも氷をとらえる様でないとね。

       ただ筋肉や運動力のアップだけを狙ったトレーニングをしたり、
       ひたすら技そのものを繰り返すだけでは
       トップ選手としては不足だと思うんだよね。

       あと、パワーをつけようと思ってウエイト・トレーニングだけをやっても、
       逆に骨が意識出来なくなっちゃって、
       上手く氷をとらえられなくなって転倒しまくるとかもね。」

    

                     つづく    ツルギ4
[ 2011/03/23 00:00 ] 談話 | TB(-) | CM(-)

第5回 「スポーツの世界に見る“秘伝”でござる」の巻

センセエ2「計る能力、感じる能力が大切なのは僕達だけじゃあない。

センセエ   先程話に出たスポーツ選手達にとっても計る事、感知する事は、
        筋肉を使ったパワーよりも、もっと大切なものだからね。」

ガラシャ1 「エ!?そうなんですか?
ガラシャさん   ……ああ、フィギュアスケートとかはやっぱり演じるものですからね。」


センセエ2 「野球だってそうだよ。」

ガラシャ1 「野球も!?」

センセイ 「いやいや、野球が演じるスポーツかっていう事ではないんだよ。
        計る事や感知するという事において大切という意味でね。」

ツルギ1 「例えばバッターだったら、
ツルギくん   相手のピッチャーの次に投げる球を予測したり、
        精神状態を見たり、クセを見抜いたりみたいな……。」


センセエ2 「ああ…。でもそれは例え身体に力が入っていても出来得る事だし、
        あくまで予測的な話だから。

        そうじゃなくて、むしろ実際にバットを振ってボールに当てる時に
        必要な事として言った方が良いよね。

        例えば、プロのピッチャーが投げた球って皆さん御存知の様に、
        時速140~150km位ある訳じゃない。
        最近では160km近く投げる人もいるよね。

        で、そんなスゴいスピードでマウンドから
        キャッチャーまでのわずか18mの距離を、
        小さなボールが飛んでくるわけ。

        一方、バットっていうのは手で握ったものを振るだけで、
        それを打ち返さなければならないわけ。
        これって、ものスゴいハンディだと思わない?

        そんな加速のついた球って素人にはほとんど見えないし、
        見えた所で腰が引けちゃうか、
        打とうと思ったら既にキャッチャーミットに球が入ってしまっているとか。」

ガラシャ2 「テレビでお笑い芸人さんなんかが、
        そんな風になっているのを見た事あります。
        あまりの威力に後ろにのけ反って倒れちゃったりとか。
        慣れてきてバットを振るようになっても、
        ボールとバットがもの凄く離れて空振るとか。」


ツルギ1 「あと完全な振り遅れとかね。
        で、奇跡的にバットに当たっても
        ボールが前に飛ばないとか、外野まで届かないとかね。」


センセエ2 「だろ。当てられただけでも大したものなんだけどね。

        そしてバットに当てる場所は、
        やっぱり芯の部分かそれに近い部分でないと打ち返すのは難しい訳だ。」

ツルギ1 「剣の世界で言うと、刀の【物打ち】と言われる場所で
        斬ったりする様な事ですね。」


センセイ 「そう、道具っていうのはほとんどがそう出来ている。

        ここで斬るとベストですよ とか、
        ここに当てると威力が出ますよ とかいったポイントがね。

        もちろん剣というのは基本刃物な訳だから、
        別に【物打ち】じゃなくても斬れるには違いないんだし、
        バットだって芯の部分でなくても当てたらボールは飛ぶんだけど、

        『より斬れる。より遠くへ飛ぶ』という
        ベスト・ポイントというものがある訳だ。」

ガラシャ1 「はい、それはわかります。」

センセイ 「でも現実にはなかなかそう上手くはいかないわけ。

        何しろ相手は時速150km近いスピード・ボールで、
        更に変化球やチェンジアップ、ストライクとボールの
        コースの見分け等の要素が絡んできたら本当に至難の業だよね。

        剣だってそう。
        昔のサムライ同志の真剣勝負においては、
        相手だってじっと止まっている訳じゃあない…。

        それどころか自分と同じ様に刃物で自分を傷付けようと動いてくる訳で、
        その変化する生きた目標物に必ず刀のココで斬るなんていうのは、
        よほど腕に差があったりしないと不可能に近いんだよ。」

談話イラスト3

ツルギ1 「でもセンセエ、野球の場合はまだ空振ったとしても
        死ぬ様な事は無いし、次のチャンスを待てば良いですけど、
        サムライの真剣勝負の場合は空振ったら
        死ぬ様な事になる訳ですよね。」


センセエ2 「そう! 野球の場合はピッチャーが次に投げる球を
        予測しないと間に合わないとか言う人もいるけど、
        当然そういう予測はするとして、
        もしそれがハズレた場合は空振りしたり、
        凡打になったりで終わるんだけど、

        真剣勝負の場合はヤマがハズレたりしたら
        次の打席(?)は無いんだよね。

        まあ、バッティングの世界と真剣で行う斬り合いの世界を
        一緒に並べて考える事は一概には出来ない。

        けれども、打率3割のバッターと言っても
        10回打席に入ったら7回は凡打が三振になる訳だから、
        サムライの世界では10度の真剣勝負の内7回は
        死ぬか大ケガって事で、
        
        現実にはそんな事は有り得ない訳だからね。
        1回死んだらそれまでというワケ。」

ガラシャ1 「そう考えるとサムライ同志の真剣勝負って壮絶な世界ですね!
        よほど死ぬ気でというか、死ぬのを覚悟してやらないと。」


センセイ 「そうだね。っていうか、だからヤマをはって、
        そんな一か八かみたいな動き方をしていたら
        命が幾つあっても足りないという事になる訳で、

        負けても明日があるさ!とはいかないでしょ。」

ツルギ1 「でも宮本武蔵なんか、
        60回勝負して1回も負けた事が無いって言っている訳で、
        それが事実だとしたら60回もヤマが当たるという考えはしづらいよね。」


ガラシャ2 「うん、だからそこに何か技術的な秘密があると思うんだけど…。」

センセエ2 「そう! その技術的秘密に近づくっていう事が
        “秘伝”とか“極意”という事につながるんだけど、
        その第一歩が脱力して動くという事なんだよ。

        実際にスポーツ選手でも、
        例えば先程から名前が出ているイチロー選手なんかは、
        他のバッターよりも相当上のレベルで
        そういう身体の使い方をしているワケ。」

                            つづく           ガラシャ4
[ 2011/03/20 00:00 ] 談話 | TB(-) | CM(-)
PICK UP!!
UP 
【技講座⑭構えのジャンル】コチラ
90

【技講座⑬沈身の半身】コチラ
84

【技講座⑫身体の各パーツの分離】コチラ
技83

【技講座⑪刀の握り】コチラ
技講座写真70

【技講座⑩半身歩法】コチラ
技講座写真65

【技講座⑨剣を使わない抜刀稽古】コチラ
技講座写真59

【技講座⑧肩の埋め込み】コチラ
49

【技講座⑦柔らかい胸と沈む腰】コチラ
技講座写真32

【技講座⑥抜き打ち(抜刀・横払い)】コチラ
技イラスト2

【技講座⑤手の平合わせ→水平面の移動】コチラ
技イラスト2

【技講座④水平斬り】コチラ
技イラスト2

【技講座③脱力の技、二】コチラ
技イラスト2

【サイムライダイエットエクササイズ2】コチラ
トモエさん(顔)

【サムライダイエットエクササイズ1】 コチラ
トモエさん(顔)

【技講座②脱力の技、一】コチラ
技イラスト2

【技講座①流れるように・・・】コチラ
技イラスト2
検索フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。